ディフェリンゲルとベピオゲルの比較と併用

 ディフェリンゲルとベピオゲルはニキビの保険診療の重要な外用薬です、発赤、落屑、乾燥、痛みと熱感の副作用を比較した資料です。

難治性のニキビの場合はディフェリンゲルと過酸化ベンゾイルを併用する場合もございます。 

ディフェリンゲルと過酸化ベンゾイル(BPO)の副作用の比較

過酸化ベンゾイルは欧米で広くニキビ治療に採用されている、副作用は上に示すようにディフェリンゲルより軽い。日本では民間のニキビ治療としてテレビの宣伝などでも広く浸透している、過酸化ベンゾイルが保険適応されないのは副作用の観点からでなく医療費削減のためでしょうね (´ー`)

クリックすると拡大されます

◆引用文献

Adapalene-benzoyl peroxide, a fixed-dose combination for the treatment of acne vulgaris: Results of a multicenter, randomized double-blind, controlled study Original Research Article Pages 791-799 Diane M. Thiboutot, Jonathan Weiss, Alicia Bucko, Lawrence Eichenfield, Terry Jones, Scott Clark, Yin Liu, Michael Graeber, Sewon Kang, Adapalene-BPO Study Group

 

ポイント青(白文字消し)css

全ての副作用の項目においてディフェリンゲルとベピオゲルの併用時の副作用の発症率が一番高く、その次にディフェリンゲルがきます、ベピオゲル単独使用で副作用の発症率はワセリン等と比較してもそれほど高くありません。

ページTOPへ戻る

】目次
  1. ニキビ(入口)
  2. 保険診療
  3. ディフェリンゲルの使い方
  4. ディフェリンゲルと過酸化ベンゾイルの併用と副作用の比較
  5. 自由診療
  6. 背中のニキビ
サブコンテンツ

このページの先頭へ