診断が煩雑であったマイコプラズマの迅速診断に平成25年後半に咽頭拭い液からの抗原検査キットが保険で出来るようになりました。簡便で採血が必要なく、発症時期との抗体価の関係も悩む必要がなくなりました。今までの行われていたPCR法や抗体検査は大幅に必要性が低下することになります。リンクへ

[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
GREE にシェア