レーザー治療の入り口

 星の原クリニックには光学系の治療器が7種類の光学治療器が稼働中で日光性色素斑・脂漏性角化症・・後天性メラノサイトーシスなど様々なシミに対応しております。

NewImage

はじめにcss

加齢と共に出来るシミは、種類の異なるシミが共存しており、それぞれのシミに適したレーザーを使用します。シミの種類や患者さんのレーザーの反応をみながら複数の治レーザーを組み合わせて、安全に確実になるべく早くシミを取るよう  に努力しています。

シミの種類

ページTOPへ戻る 

様々なシミ

加齢とともに様々な「シミ」が出来ますが、主な「シミ」は以下の6種類になり、それぞれ治療法が異なります。画像をクリックするとリンクに飛びます。  
日光性色素斑
(局所型)
  加齢と紫外線ダメージで出来るシミです、いろいろな方法で治療できますが、当院では確実で、治療期間が短く、再発が少ないピコ秒レーザーで治療します、治療回数は1〜2回です。
日光性色素斑
(散在型)
  淡褐色〜褐色の細かいシミです。治療はカサブタが出来ないレーザトーニングか、細かいカサブタが出来る強めのレーザーフェイシャルになります。 
肝斑   女性の両頬のに良く出来るシミです、20歳代後半〜30歳台から出始めます、生活指導と弱いレーザー治療を行いますが、5~10%に治りの悪い肝斑があります。 
脂漏性角化症    加齢現象によるイボで、老人性イボとも言われています、褐色で盛上がりがあるのが特徴です。炭酸ガスレーザーかピコ秒レーザーで治療します。
後天性真皮メラノサイトーシス
(ADM)
   頬骨近くに良くできる、米粒大でボヤッとしたタイプのシミで、皮膚の深い部位のシミです。強いレーザーでしか治療できません、ピコ秒レーザーで治療します。
雀卵斑
(ソバカス)

若い方に出来る、細かい淡褐色の小さなシミです、レーザトーニングか強めのレーザーフェイシャルで治療します。 細かなカサブタは出来ますが治療期間の短い強めのレーザーフェイシャルがお勧めです。

 

治療が一番難しいのは肝斑です、1割程度の確率でレーザー治療に反応しない肝斑があります、その他のシミはほぼ確実に取れる体制となりました。

ページTOPへ戻る 

各種コースのご案内・リンク

ページTOPへ戻る 

治療機材・その他 シミの種類 治療方法
  1. レーザー治療の入口
  2. レーザー治療料金表
  3. PicoWay(刺青)
  4. PicoWay(フラクショナルモード)
  5. Medlite C6
  6. Gentle Max(長波長レーザー複合機)
  7. Vbeam(色素レーザー)
  8. CO2RE(フラクショナルレーザー)
  9. VTRAC(NB紫外線治療器)
  1. 『局所型のシミ』
  2. 『散在型のシミ』
  3. 脂漏性角化症
  4. 肝斑
  5. 後天性真皮メラノサイトーシス(ADM)
  6. 刺青(Tattoo)除去
  7. 赤ら顔・赤アザ
  8. 炎症性色素沈着(PIH)
  1. トータルケア(おまかせ10回コース)
  2. レーザートーニング
  3. Qスイッチレーザー
  4. レーザーフェイシャル
  5. ピコフラクショナル(Resolve)
  6. レーザータイトニング(ジェネシス)

 

ページTOPへ戻る 

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on GREE

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ