レーザー治療の入り口

 星の原クリニックには光学系の治療器が現在5種類、28年9月下旬まで更に2種類増えて合計7種類の光学治療器が設置されることなり。

肝斑

はじめにcss

加齢と共に出来るシミはほとんどの場合、種類の異なるシミが共存しており、それぞれのシミに適したレーザーを使用します。シミの内訳は患者さんによって異なるため、治療の頻度や方法は患者さんよって異なります。星の原クリニックでは複数の治療方法を組み合わせて、安全に確実になるべく早くシミを取るように努力しています。 

シミの種類

ページTOPへ戻る 

加齢による様々なシミ

加齢とともに以下のような種類の異なる「シミ」が共存している事が多く、そのような状態をAPC (Aging Complex Pigmentation)といいます、主な「シミ」は以下の6種類になります、それぞれ治療法が異なります。  
日光性色素斑(限局型) 日光性色素斑(散在型)
 脂漏性角化症 後天性真皮メラノサイトーシス(ADM)  雀卵斑(ソバカス)

 

ページTOPへ戻る 

治療機材と治療方法のご案内

患者さんの肌の状態、地肌の色・紫外線ダメージの程度・肝斑の有無・シミの種類・シミの広がり方などを考慮して、以下の レーザー機材・治療法から最適な治療法を選択、または組み合わせます。

顔全体・広い範囲に照射するレーザー

肝斑の有無・紫外線ダメージの程度・血管拡張の有無など肌質とシミの種類に合わせて以下のレーザーから選択します。

レーザートーニング
 
肝斑の治療に初めて使用されたレーザー機材です、当初の治療間隔は1週間に一回で、ダウンタイムがなく短期間で肝斑とまばらなシミが薄くなる事で一世を風靡していました、症例数が増えるに従ってシミが悪化した、白抜けした等の報告が上がってくるようになりました。ある程度出力が高い方が効果が高い事は経験上判っていますが、稀に治療効果が出ない、白斑の問題もあり照射の反応を見ながら出力を上げていきます、肝斑以外はほとんどリスクはありません、肝斑に対してはプレトリートメントを2ヶ月行なってから慎重に照射します。

ページTOPへ戻る 

ピコレーザー フラクショナルモード
 
28年12月の段階で日本ではまだ4台しか稼働していない新しい治療機材です、シネロンキャンデラ社ではResolveと名付けています。従来の炭酸ガスレーザーによるフラクショナルレーザーは肌質改善・小皺改善効果は高かったのですが、施術後の浸出液や炎症性色素沈着など大きな問題で、手軽に受けれる治療方法ではありませんでした。Resolveは短時間に小皺と肌質改善効果が認められ、ダウンタイムや炎症性色素沈着も殆どありません。

ページTOPへ戻る 

レーザーフェイシャル
 
脱毛効果が高いため他のレーザーに比べて医療脱毛で最もよく利用される照射方法です、その他シミの治療や肌質改善作用があります、肌質改善効果は早期から実感されます、難治性ニキビ毛孔性苔癬アミロイドーシスの治療にも応用できます。

ページTOPへ戻る 

Vbeam
 
赤アザの治療機材として有名ですがシミ治療・小皺改善・難治性のニキビ治療としても利用できます、その他ケロイドや瘢痕の治療にも使用可能で最も応用範囲の広いレーザーです、特に赤みの強いニキビの治療には絶大な効果を発揮します。

ページTOPへ戻る 

ジェネシス
 
他社製品ではGensisと呼ばれている照射方法になります、他のレーザーに比べて皮膚の深い層の真皮に作用します、真皮はコラーゲンや皮膚の栄養血管が存在する部位でいわば皮膚の土台に相当する部位です、レーザーが真皮に作用することによりコラーゲンの増生や血流の微小循環改善作用がおこります、即効性はなくじっくり・ゆっくりと効果が出てきます、施術が痛くなく気持ち良いのも他の施術にない特徴です。

ページTOPへ戻る 

局所治療及び補助療法

局所・スポット治療です、トータルケアコース(おまかせ10回コース)では上記の全体照射レーザーと組み合わせて治療します。

Qスイッチレーザー 高出力モード
 
局所的なシミの治療に使用します、約10日後にかさぶたと一緒にシミがとれます、40%の確率で炎症性色素沈着(PIH)がおこります、また後天性真皮メラノサイトーシス(ADM)や刺青の治療はピコレーザーにお取ります。

ページTOPへ戻る 

ピコレーザー 高出力モード
 
刺青の治療においては既存のレーザーを圧倒します、785nmの波長は後天性真皮メラノサイトーシスに対する高い治療効果が推測されます、局所的なシミ治療の反応がやや神経質で細かい設定が必要です。

ページTOPへ戻る 

炭酸ガスレーザー
 
水分に反応してホクロやイボを蒸発させます、周囲への熱の漏れが少ないため健常組織のダメージが少なく、浅い病変部の場合はほとんどの場合で局所麻酔無しで治療が可能です。

ページTOPへ戻る 

ヤグレーザー 高出力モード
 
出力が適切であれば瞬時に治療効果が見られますが、出力が足らずに効果が不十分でも糜爛・潰瘍の可能性があるため重ね打ち出来ません、慎重な施術が求められます。

ページTOPへ戻る 

Vbeam 高出力モード
 
局所的なシミや赤アザの治療に使用します、シミの治療においてはQスイッチレーザーに比べて炎症性色素沈着(PIH)のリスクが少ないため、紫外線によるダメージが多い患者さんのシミ治療に適しています。高出力モードではかさぶたや紫斑が出来ので、大切な用事がある前は行いません。

ページTOPへ戻る 

治療フローチャート

単発性か多発性かによって治療方法は大きくことなります。単発性の場合は基本的に1回の治療で終了いたします、多発性でタイプの異なるのシミが混在する場合は1〜4週間隔で10回の治療を基本とします。 

  • 単発性のシミ・イボ;基本的に1回で治療が終了。
  • 多発性のシミだが、それほどが酷くない;レーザーフェイシャル10回コースがお勧め。
  • 多発性のシミで、肝斑・異所性メラノサイトーシス・日光性色素斑など複数のタイプのシミが混在する;トータルケア(おまかせコース10回コース)ががお勧め。
新 シミの治療指針

ポイント青(白文字消し)css

シミは炎症やアレルギーによる赤みが併発する場合があります、その際はヤグレーザー、またはパルスダイレーザー(PDL)を併用します。

ページTOPへ戻る 

各種コースのご案内・リンク

ページTOPへ戻る 

治療機材・その他 シミの種類 治療方法
  1. レーザー治療の入口
  2. レーザー治療料金表
  3. PicoWay(刺青)
  4. PicoWay(フラクショナルモード)
  5. Medlite C6
  6. Gentle Max(長波長レーザー複合機)
  7. Vbeam(色素レーザー)
  8. CO2RE(フラクショナルレーザー)
  9. VTRAC(NB紫外線治療器)
  1. 『局所型のシミ』
  2. 『散在型のシミ』
  3. 脂漏性角化症
  4. 肝斑
  5. 後天性真皮メラノサイトーシス(ADM)
  6. 刺青(Tattoo)除去
  7. 赤ら顔・赤アザ
  8. 炎症性色素沈着(PIH)
  1. トータルケア(おまかせ10回コース)
  2. レーザートーニング
  3. Qスイッチレーザー
  4. レーザーフェイシャル
  5. ピコフラクショナル(Resolve)
  6. レーザータイトニング(ジェネシス)

 

ページTOPへ戻る 

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on GREE

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ