中紫外線治療器・VTRAC

 乾癬・白斑・アトピー性皮膚炎など様々の皮膚疾患に使用する紫外線治療です。

アトピー性皮膚炎、乾癬、白斑など皮膚病気の治療に使用します。VTRACの治療は保険適応があり3割負担で1,020円1割負担で340円になります、治療間隔は症状が悪い時は1週間に2回、落ち着けば1~2週間に1回となります。

VTRAC

はじめにcss

紫外線治療機は皮膚に浸潤し、炎症を起こすリンパ球を自然死(アポトーシス)させることにより皮膚症状を改善させます。
様々な紫外線治療器が有りますが、2007年に販売が開始されましたが現在でも最も治療効果が高い機材の一つです。

ページTOPへ戻る 

の特徴
  • 治療時間が短い
  • 他の治療法に較べて治療効果が高く、効果が出るのが早い!
  • 病変部のみ照射可能
  • 紫外線の総照射量が少ないので発癌のリスクが低い
  • 健常部への紫外線被爆が少ないので余計な色素沈着が起きにくい
  • 他の紫外線治療器より深部まで到達するので、難治性の症例効果が期待できます。
赤まるポイント(白文字消し)css
他の紫外線療法ではPUVA療法では1時間、ナローバンドUVBでは5分間照射時間が必要です、VTRACは範囲が広くなければ数秒の照射で終了します。

ページTOPへ戻る

治療対象疾患

健康保険が適応される疾患
  • 乾癬
  • 類乾癬
  • アトピー性皮膚炎
  • 掌蹠膿疱症
  • 皮膚リンパ腫
  • 慢性苔癬状粃糠疹

オススメ赤(白文字消し)css

乾癬、アトピー性皮膚炎、白斑に関しては他の紫外線治療器より早く治療効果がでます。

ページTOPへ戻る

健康保険が適応されない疾患
  • 円形脱毛症
  • 扁平苔癬
  • 結節性痒疹
  • 日光蕁麻疹
  • 毛孔性紅色粃糠疹
  • アミロイド苔癬
  • 皮膚ムチン沈着症
  • 強皮症

ページTOPへ戻る

他の紫外線治療との比較

紫外線の波長は100~400 nmになりますが波長が290~300 nm以下の紫外線は皮膚癌を誘発するリスクが高くなるため、治療に適した紫外線は300 nm以上になります。

紫外線治療の比較

ポイント青(白文字消し)css

病変部が広くなければ、照射範囲のコントロールがしやすく、治療時間が短い、副作用が少ない、治療効果が高いなど他の紫外線治療機に全ての点において優っています。

ページTOPへ戻る 

VTRACの波長は308±2nm

紫外線治療機は発癌などの副作用を誘発する波長と治療効果が高い波長が極めて近く、狭い領域にあります。

  • 紫外線の波長は100~400nmの範囲
  • 290nm以下は発癌性が問題になり治療には不適切
  • 副作用が少なく、治療効果が高い波長はわずか300~310nmの狭い範囲にしかない!
紫外線の治療波長

解説グレー(白文字消し)css

乾癬の治療に適した紫外線の波長は303~307nm付近にピークがあり、295nm以下ではほとんど治療効果がなく、紫外線の副作用のみが出ます。副作用と治療効果がでる波長の幅が290〜310nmととても狭い範囲にあります。

ページTOPへ戻る 

VTRACの輝度(光の強さ・明るさ)

VTRACは同じ照射エネルギーでも短い時間で強く照射します、ナローバンドUVBでは3~5分照射するエネルギーをVTRACは1~2秒で照射します、光の強さ、明るさはナローバンドUVBに較べて100~200倍になります。

照射率
 
VTRAC 輝度
  • VTRACは光の強さ・明るさがナローバンドUVBの100~200倍
  • VTRACは照射時間が1〜2秒(ナローバンドUVBは3〜5分)
  • VTRACは照射時の光のピークパワーが高いため光のエネルギーが皮膚の深くまで届きます。
赤まるポイント(白文字消し)css
例えるならナローバンドUVBは豆電球で、VTRACはフラッシュライトになり、VTRACは明るい光を一瞬で照射します。

ページTOPへ戻る 

白いカサブタが出来る赤い湿疹です、白人の発症率は2%前後ですで日本人の発症率は0.02~0.1%です 

乾癬
  • 白いカサブタが付着した赤い湿疹です。
  • 表皮の代謝(入れ替わりが)が通常の7〜10倍近く速くになっています。
  • 遺伝する傾向があり、家族内で発症することが多いです。
  • 肘・膝・毛の生え際など刺激の受けやすい部位に好発します
  • 爪にも病変が出来ます

ページTOPへ戻る 

乾癬の治療指針

外用薬から始めます、効果が不十分の場合は紫外線治療になります。内服薬は共に副作用が大きな問題となります、三角の頂上にある生物製剤は極めて高価な薬になります。

尋常性乾癬・治療指針

ポイント青(白文字消し)css

内服薬のレチノイドとメソトレキセートは共に副作用が問題となる薬です、外用薬と第二段階の光線療法で治療するのが望ましいです。

ページTOPへ戻る 

VTRACの治療経過

乾癬 VTRAC

ページTOPへ戻る 

爪乾癬 vtrac
青電球ポイント(白文字消し)css
病変部が限定していれば他の紫外線治療器よりも短時間で早く治療効果がでます、また健常に照射しないので副作用も軽減できます。
尋常性白斑(白なまず)

部分的に皮膚の色が白く抜ける病気です、色素を作る細胞(メラノサイト)か色素(メラニン)に対する自己免疫と考えられていまうす。化粧品、レーザー治療・怪我などが原因で起こることがあります

白斑
  • 様々な原因で色素(メラニン)を作る細胞(メラノサイト)が破壊されて、皮膚の色抜が抜けます。
  • 病的なリンパ球がメラニンやメラノサイトを攻撃している仮説(自己免疫説)
  • 病変部の毛包部に非活性メラノサイトか幹細胞が残存し、VTRACの照射で活性化されます。
  • 保険診療ではVTRACは尋常性白斑でもっとも効果がある治療法です。
  • 治療効果は個人差があります、また同じ人でも部位により治療効果は異なります。
  • VTRACで効果が出ない場合はフラクショナルレーザーとの併用やマイクロ移植を行います。

リンク⇒尋常性白斑

治療にどれくらい反応するかは毛包内に残っているメラノサイトの幹細胞の量に依存します、幹細胞が多いようであれば治療によく反応しますが、幹細胞が残っていなければ治療に反応しません、残念ながらどれくらい残っているかは治療前には判りません。
症例写真
尋常性白斑 VTRAC
青指チェック(白文字消し)css
他の治療よりも治療成績は良いのですがそれでも50~100回の照射が必要な場合があります、症状が改善しない場合は保険適応外ですが1mm台の小さな皮膚移植を行なう事もございます。

ページTOPへ戻る 

円形脱毛症

円形脱毛症は毛根に対する自己免疫疾患ですVTRACは毛根を攻撃する、リンパ球に作用します。申し訳ございませんが保険診療の適応がございません。1回3000円(税別)となります。

円形脱毛症

解説グレー(白文字消し)css

治療は1〜2週間に1回で5〜10回必要になります、残念ながら1回だけでは治りません。

ページTOPへ戻る 

ページTOPへ戻る 

治療機材・その他 シミの種類 治療方法
  1. レーザー治療の入口
  2. レーザー治療料金表
  3. PicoWay(刺青)
  4. PicoWay(フラクショナルモード)
  5. Medlite C6
  6. Gentle Max(長波長レーザー複合機)
  7. Vbeam(色素レーザー)
  8. CO2RE(フラクショナルレーザー)
  9. VTRAC(NB紫外線治療器)
  1. 局所型のシミ
  2. 散在型のシミ
  3. 脂漏性角化症
  4. 肝斑
  5. 後天性真皮メラノサイトーシス(ADM)
  6. 刺青(Tattoo)除去
  7. 赤ら顔・赤アザ
  8. 炎症性色素沈着(PIH)
  1. トータルケア(おまかせ10回コース)
  2. レーザートーニング
  3. Qスイッチレーザー
  4. レーザーフェイシャル
  5. ピコフラクショナル(Resolve)
  6. レーザータイトニング(ジェネシス)

 

ページTOPへ戻る 

サブコンテンツ

このページの先頭へ