二重-全切開法

はじめにcss

しっかりとした二重を希望の方にお勧めです。皮膚の切除が可能です、皮膚を切除するとある程度上瞼のボリュームを少なくすることが出来ます。 

ページTOPへ戻る 

全切開法とは

手術概要

小切開法との違いは皮膚と眼輪筋が切除出来ることです(点線で囲まれた部位) 上瞼が厚い方やタルミのある方が最も良い適応となります 眼窩脂肪が多い方は脂肪も摘出します、小切開法と同じ様に眼輪筋と挙筋腱膜又は瞼板を縫合して癒着させます 癒着の範囲が小切開法より長いため、二重のラインはよりしっかりしたものとなります。

二重のラインに沿って全長に切開線を入れます、皮膚を切除する場合は切開線の上下を等距離切除します、切除する範囲が多いとよりスッキリしますが皮膚と取りすぎるよ縫合できなくなります。

  • 抜糸が5日後になります。
  • 洗顔は3日後になります。
  • 切開線のメイクは抜糸後になります。

ページTOPへ戻る 

◎全切開法の利点

  • 最も取れにくい二重になります。
  • 皮膚と眼輪筋の一部を切除すれば瞼のボリュームを少なくすることも出来ます。

ページTOPへ戻る 

×全切開法の欠点

  • 他の術式に比べて、腫れが一番強く出ます。
  • 2週間は腫れが目立ちます。
  • ノーメイクでで傷が目立たなくなるには約半年かかります。

ページTOPへ戻る 

【二重と目頭切開】目次
  1. 二重形成術
  2. 料金表
  3. 埋没重瞼法
  4. 上瞼脱脂+埋没法
  5. 小切開法(部分切開法)
  6. 全切開法
  7. 目頭切開
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on GREE

No tags for this post.
サブコンテンツ

このページの先頭へ