高血圧

高血圧の患者数

高血圧患者は4000万人あり、治療を受けている患者数はその内の4分の1の1000万人、さらに血圧コントロールが良好なのはその半分の500万にと言われています。すなわち高血圧患者のうち良好な治療を受けているのはたった8分の1に過ぎません。


高血圧患者で適切に管理できているのはたった8分の1に過ぎません

降圧目標

血圧の目標値は年齢や病気によって違います、一般的には130/80を目標にすれば問題無いと思います、高齢者や脳血管障害がある方は少し高めの140/90を目標に血圧を管理します。

 

高血圧と合併症

血圧が160以上になると急に脳卒中の危険性が増加します。


血圧が140以上になると心筋梗塞や狭心症のリスクが急に高まります。


 

【高血圧】目次
  1. 高血圧について
  2. 二次性高血圧症
  3. 降圧剤の種類
  4. ARBの比較
  5. 第2世代ARBのPPARγ活性化作用
  6. ARBと配合薬
  7. 少量利尿薬
No tags for this post.
サブコンテンツ

このページの先頭へ