降圧剤の種類

降圧剤には大きく分けて6種類あります。

  1. カルシュウム拮抗剤
  2. ACE阻害剤
  3. ARB(アンジオテンシンII受容体拮抗薬)
  4. β遮断薬
  5. α遮断薬
  6. 利尿剤

 

カルシュウム拮抗剤

  • カルシュウム拮抗剤は他のに比べて降圧作用が強い。
  • カルシュウム拮抗剤は冠動脈疾患ではARBより成績が良く、また薬価が安いため第一選択になりやすい降圧剤です。

ARB/ACE

  • ARBはACE拮抗剤の改良版で副作用が少なく、降圧効果の他に腎保護作用、血管保護作用、心筋保護作用がある、適応が広くカルシュウム拮抗剤と同様に降圧剤の第一選択になりやすい。
  • 新しいARBではPPAR-γ活性化作用がある( PPARγは糖・脂質代謝を改善するとともに抗炎症・抗動脈硬化作用がある)。

ARB(アンジオテンシンII受容体拮抗薬)の作用機序
  1. アンジオテンシンII受容体にはAT1受容体とAT2受容体があります(アンギオテンシンIIの受容体は2種類!)。
  2. AT1受容体は体に悪い反応を示す悪玉受容体、AT2受容体はその逆で善玉受容体。
  3. ARBは選択的にAT1受容体のみを阻害し(悪玉だけブロック)、ACE阻害剤はAT1とAT2の双方の受容体を阻害します。

ARBは最も新しいタイプの降圧剤で同じレニン・アンジオテンシン系のACE阻害剤に比べて悪玉のアンギオテンシンⅡ受容体(AT1)飲みを選択的にブロックするので副作用が軽減されています、そのかわり新薬が多く、薬価が高いのが欠点です。


β遮断薬・α遮断薬

  • β遮断薬は徐脈や喘息の悪化、α遮断薬は起立性低血圧の副作用があるため第一選択薬となりにくい。
  • β遮断薬は(心不全・労作時狭心症)α遮断薬は(早朝時高血圧・前立腺肥大・レイノー現象)などを伴う時に使用されます。

 

利尿剤

  • 数多くの少量利尿薬の有用性と安全性を示すエビデンスがある。
  • ガイドラインの推奨用量は少量投与へ推移している。
  • 少量の利尿薬はカルシュウム拮抗剤やAECと同様、脳卒中や心疾患の発症を予防する効果がある。
  • 薬価が他の降圧剤に比べて圧倒的に安い。
  • 耐糖能の悪化・低カリウム血症・尿酸値の上昇などの副作用の発生頻度は少量投与の場合は2.0%で高くはありません。
  • 利尿剤は他の降圧薬の効果を増強させる。

欧米における降圧薬の使用状況と比べると、日本における利尿薬の使用頻度は非常に少ないようです、薬価がとても安いためでしょうか?

 


【高血圧】目次
  1. 高血圧について
  2. 二次性高血圧症
  3. 降圧剤の種類
  4. ARBの比較
  5. 第2世代ARBのPPARγ活性化作用
  6. ARBと配合薬
  7. 少量利尿薬
No tags for this post.
サブコンテンツ

このページの先頭へ