陥没乳頭

はじめにcss

陥没乳頭は乳輪下に乳頭が落ち込んだ状態をいいます、乳房の発達と共に陥没が明らかになってきます。 

ページTOPへ戻る 

症状

  • 乳首が引っ込むので授乳がうまくいきません。
  • 乳頭部に細菌がたまり非衛生的です。
  • 外見上の問題もあります。

ページTOPへ戻る 

陥没乳頭の分類

  • 刺激や指などで引っ張ると引き出せるのを仮性陥没乳頭と言います
  • 引っ張り出せないのを真性陥没乳頭と言います。
  • 指で引っ張り出せる軽度の陥没乳頭は市販の吸引器など改善できます、一部では乳首のピアスによる治療も実施されています。
更に細かい分類として以下のものがあります
  • Grade 1 :陥没乳頭を簡単に徒手的に整復できるが、いずれまたもとに戻る。
  • Grade 2 :ピンセットなどで何とか引き上がるが、離すと陥没する。
  • Grade 3 :手術によらなければ乳頭は出てこない。

ページTOPへ戻る 

治療

星の原クリニックでは乳管を切らない、難波変法での乳頭形成術を行います  乳頭にZ状の切開を3箇所加えます、出来上がりの切開線は乳輪のシワや乳頭の段差に隠れてほとんど分からなくなります。


  • 乳管を切らないので授乳に影響がない。
  • 傷が目立たない。
  • 手術時間が短い。
  • 術後の感染症が少ない。
青電球ポイント(白文字消し)css
乳管を傷つけないのが難波変法の特徴です。申し訳ありませんが陥没乳頭の手術(他の術式も含めて)は比較的再発しやすい手術になります、10%の確率で再発します、その場合は再手術が必要になります。

ページTOPへ戻る 

施術料金

授乳に支障が出たる場合は健康保険の適応がございます。手術代金(健康保険適応)は3割負担で

  • 片側の場合は22,050円
  • 両側の場合は44,100円になります。

ページTOPへ戻る 

手術略図

手術略図 1

ゼット形成を行い、皮膚が伸びるようにします、皮膚の下の見えない部位も剥離したり、縫合処置を行います。

手術略図 2
陥没乳頭

乳輪の周りの線維を剥離し、糸で上方向へ持ち上げて、その位置で周囲の皮下組織に固定します。

術後の傷

青指チェック(白文字消し)css
術後の傷は皮膚のシワに隠れて目立ちません。

ページTOPへ戻る 

症例写真

難波変法の術前術後の症例写真です、乳管は全く操作しませんので授乳には原理上障害をきたしません、また傷もほとんどわかりません。 

 

赤まるポイント(白文字消し)css
Grade3の陥没乳頭です、手で整復しても乳頭は外に出て来ませんでした、術直後はムクミが有りますが抜糸の頃には軽度の赤みのみで傷はほとんど判りません。写真の様にくびれがしっかりあると再発のリスクはほとんどありません。

ページTOPへ戻る 

】目次
  1. 陥没乳頭とは
  2. 陥没乳頭の手術のながれ
手術の合併症

頻度は多くありませんが陥没乳頭の手術にも合併症がおこる可能性があります。

  • 陥没乳頭の再発;1割前後の確率で発生します、その場合は再手術が必要になります。
  • 創部感染症;頻度は多くありません、極稀に手術数カ月後に皮下の膿瘍となることもあります。
  • 乳頭壊死;血流不全によって発生します、私自身経験はございませんが、もっとも問題となる合併症です。

ページTOPへ戻る 

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on GREE

サブコンテンツ

このページの先頭へ