陥没乳頭の手術の流れ

はじめにcss

日帰りの手術で」、片側30〜40分の手術になります。 

 

陥没乳頭・手術のながれ

当日
  • 診察
  • 手術室にご案内;消毒
  • 局所麻酔(前もって麻酔クリームを塗ることも可能です)
  • 手術時間(片側30〜40分)
  • 術後の創保護
  • 30〜60分間ベット安静、出血や乳頭の血流を確認
  • 帰宅
翌日または2日後〜
  • 消毒、術後経過観察(出血の有無と皮膚の血流の状態の確認をします)
3日目
  • 創部のシャワーが可能となります。
7日目〜
  • 抜糸
  • 陥没乳頭の程度が酷い場合は術後に乳頭を牽引する糸を1〜2週間留置する事があります。
  • ブラジャー圧迫による再発防止のため、専用の乳頭保護ホルダーを2ヶ月間装着して頂きます。
  • 小さなキズが乳輪内にできますが数ヶ月で目立たなくなります。

ページTOPへ戻る 

【陥没乳頭】目次
  1. 陥没乳頭とは
  2. 陥没乳頭の手術のながれ
No tags for this post.
サブコンテンツ

このページの先頭へ