アトピー性皮膚炎

はじめにcss

重度のアトピー性皮膚炎は残念ながら自然には治りません、慢性疾患ですので血圧の治療の同様に生活習慣の改善や毎日薬を塗ったり、飲んだり、紫外線をあたり日々の手間がかかります、患者さんの強力と努力なしには良くなりません。

Vtracイラスト

要約するとパネルcss

  • 皮膚の慢性疾患です
  • 重度のアトピーは自然には治りません
  • 日々の手間が必要です、軟膏を塗ったり、薬を飲んだり、紫外線を照射したり
  • 生活習慣の改善も必要です(甘い物は控えて暴飲暴食は控えます)
  • 患者さんの協力と努力なしにはアトピーは良くなりません

アトピー性皮膚炎では免疫が過剰に反応し、本来退治する必要のないものに対しても不必要に炎症が起きてしまうことが病気の根本にあります。
免疫が過剰に反応する理由としては、もともとのアレルギーを起こしやすい体質(アトピー素因)や皮膚のバリア機能低下も大きく関係しますが、他に、長期間皮膚に加わる強い刺激やストレス、疲労なども免疫を不安定にしてアトピー性皮膚炎を悪化させることがあります。

ページTOPへ戻る

アトピーの悪循環を断つ

皮膚のパリアー機能の低下や免疫の過剰反応から始まります、湿疹の悪循環をどこかで止めなければどんどん皮膚症状が悪化します。

アトピーの悪循環
赤まるポイント(白文字消し)css
乾燥と炎症を抑えることにより、アトピーの悪循環を止めて、皮膚の状態を改善します。炎症が酷い時は短期間の強いステロイドの外用と紫外線照射を行い、早く痒みと赤みを取り上記の悪循環を止めます。

ページTOPへ戻る

Reactive療法

ある程度よくなったら中止し、また再燃したら使うという方法です。これをReactive(リアクティブ)療法といいます。

Ractive療法

皮膚症状が悪化した時のみ治療を行なう方法です、あまり酷くない患者さんが対象です。重度のアトピー患者さんは下のプロアクティブ療法を行います。

ページTOPへ戻る

Proactive療法

重症のアトピー患者さんは、Proactive(プロアクティブ)療法という治療法が行われるようになってきました。Proactiveとは症状が出る前に治療する方法です。

Proactive 療法

プロアクティブ療法では、一定期間外用剤で治療して軽快した後、外用の頻度を減らしながら、継続的に週に1~2回、外用剤を用います。これは再発しやすい中等症のアトピー性皮膚炎には適していますが、重症であったり、ステロイド抵抗性であった場合は、週に1~2回程度の外用では改善せず湿疹が消失しません。この様な場合は、漫然とプロアクティブ療法を続けるよりも、短期間に集中的に外用剤を使用するリアクティブ療法の方が効果が期待できます。

ページTOPへ戻る

】目次
  1. アトピー性皮膚炎(入口)
  2. スキンケア
  3. ダニ対策
  4. 外用薬と使い方
  5. 内服薬
  6. 漢方薬
  7. 紫外線治療・VTRAC
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on GREE

サブコンテンツ

このページの先頭へ