内服薬(アトピー性皮膚炎)

はじめにcss

単独で使用するとはあまりありません、外用薬のみでコントロールがよくない時に使用します。 

内服薬

抗ヒスタミン剤

痒み止めとして昔からある薬剤です、内服薬と外用剤があります。それぞれ単独ではアトピー性皮膚炎には効果が不十分ですので他の薬と併用いたします。

抗ヒスタミンのポジショニングマップ

痒み止め効果の強さ、眠気の程度、内服回数等色々ございます。私は眠気が少なく、効果が高く、一日一回のザイザルを良く処方します。

IPD(内服薬)

ヘルパーT細胞のTh1とTh2のバランスを整える作用があります、喘息の治療にも用いられ、原理的通りならとても効くはずですが現実は単独だけでは力不足のようです。

NewImage

ページTOPへ戻る 

免疫抑制剤

腎移植など臓器移植後に使用します、易感染性と腎機能障害などの副作用があります。 

 

ページTOPへ戻る 

【アトピー性皮膚炎】目次
  1. アトピー性皮膚炎(入口)
  2. スキンケア
  3. ダニ対策
  4. 外用薬と使い方
  5. 内服薬
  6. 漢方薬
  7. 紫外線治療・VTRAC
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on GREE

No tags for this post.
サブコンテンツ

このページの先頭へ