ニキビ-各国治療ガイドライン

はじめにcss

アメリカ、EUと日本のニキビ治療のガイドラインです、2015年4月にやっと日本でも過酸化ベンゾイル(BPO)の保険診療が可能となりますた、もうしばらくするとBPOと抗生剤の混合薬も保険適応されます、適応は丘疹〜結節・集簇性までしょうか? 

ページTOPへ戻る 

アメリカ・ニキビ治療ガイドライン

日本のガイドラインとの違い
  • 内服レチノイド;商品名Roaccutane⇒胎児に悪い影響があるため日本では認可されていません。また外用のトレチノインも妊婦には禁忌です。
  • ホルモン療法;低用量ピルになりますが日本では保険適応がありません。

日本と違いニキビ治療の手持ちの武器が多いです、2015年春以降は日本でも過酸化ベンゾイルが認可されましたので、少し追いつきました。

ページTOPへ戻る 

EU・ニキビ治療ガイドライン

日本のガイドラインとの違い

アゼライン酸の有無が最大の特徴です、外用の抗生物質とホルモン療法はありません。

ページTOPへ戻る 

日本・ニキビ治療ガイドライン

2008年のガイドラインは手持ちの武器が一番少なく貧弱です、これでも外用レチノイドが認可されて、かなりマシになりました。2015年春にやっと過酸化ベンゾイル(BPO)が処方出来るようになりました。

青電球ポイント(白文字消し)css
過酸化ベンゾイル(BPO)の保険による処方が可能になり、思春期(大学生まで)のニキビは9割以上保険診療でカバー出来そうです。

ページTOPへ戻る 

【ニキビ】目次
  1. ニキビ(入口)
  2. 各国治療ガイドライン
  3. 保険診療
  4. ディフェリンゲルの使い方
  5. 自由診療
  6. ディフェリンゲルと過酸化ベンゾイルの併用と副作用の比較
  7. 背中のニキビ
No tags for this post.
サブコンテンツ

このページの先頭へ