尋常性白斑(白なまず)

 皮膚の色が白く抜ける病気です。ターゲット型エキシマライトの治療を行なっています、難治性の場合はの併用や皮膚マイクロ移植も行なっています。

白斑イラスト
白斑 分節性

はじめにcss

色素を作る細胞(色素細胞;メラノサイト)が何らかの原因で減少したり消失し、皮膚が白くなる病気です。2009年では1年間に90万に近くの脱色素疾患の患者さんが新たに発生し、その内の60%が尋常性白斑で54万人の発生します。

ページTOPへ戻る 

尋常性白斑の頻度

脱色素疾患の原因

ポイント青(白文字消し)css

皮膚が白く抜ける病気の6割は尋常性白斑で、年間60万人が発症し、それほど珍しい病気ではありません

ページTOPへ戻る

鑑別診断

尋常性白斑以外に皮膚が白抜けする病気があります、治療開始前にまず以下の似た病気でない事を確認します。

  • 脱色素性母斑(生まれつきの白アザです、幼児になるとハッキリしてくることがあります。)
  • サットン母斑(ホクロがあり周囲が白くなります)
  • 炎症性脱色素(火傷・外傷・湿疹の後に発症します)
  • 白色粃糠疹(学童に好発します、日焼けで目立ちますが自然に治ります)
  • 癜風(マラセチアという真菌が原因です、まだら状の白いアザですが、擦ると落ちます)
  • 梅毒性白斑(梅毒感染後3ヶ月〜3年後に発症します、湿疹・脱毛・爪の変形も起こります)
  • 薬剤性白斑(化粧品や化学物質に接触後に発症します)
近年では化粧品による白斑が大きな話題になりました。

ページTOPへ戻る

白斑の治療

色素幹細胞が残っている程度により治療の効果が大きく異なります。残っている量が多いほど外用薬など簡単な方法で 皮膚の色が改善します、色素幹細胞が全く残っていないようであればエキシマランプの治療にも反応が悪く、ミニグラフトなど外科的な治療になります。

外用剤

軟膏ツボ

  • ステロイド外用;単独では効果が弱い
  • 免疫抑制剤の外用
  • 活性化ビタミンDの外用
  • の治療法は保険適応がございません。

ページTOPへ戻る 

(エキシマライト治療)

エキシマライトは保存的治療の中ではもっとも有効な治療手段ですが治療に反応しない場合があります、治療に反応するかどうかの一つの目安は、週2回照射、3ヶ月で24回照射が一つの目安です、治療に反応しない場合はフラクショナルレーザーかマイクロ移植を検討します。

VTRAC

ポイント青(白文字消し)css

NB-UVBのエキシマランプによる治療は保険診療の中では最も治療成績が高く、他の治療法に来れべて治療期間が短くすみます、しかしながら病変部の色素幹細胞がほとんどない、または極少の場合は治療に無反応、または治療効果が少なくなります、その場合はマイクロ移植かフラクショナルレーザーの併用を行います。

ページTOPへ戻る 

VTRACの治療過程

保険診療で治療成績が抜きん出ているのがエキシマランプのVTRACです、それでも10〜50回の治療が必要になりことがあります。

⇒VTRACリンク

尋常性白斑 VTRAC

ポイント青(白文字消し)css

VTRACの治療に反応すると、毛包に一致して点状に色素が戻ってきます。

ページTOPへ戻る 

フラクショナルレーザーとの併用

CO2RE

VTRACは保険診療内ではもっとも効果の高い治療法ですが治療に反応しない場合もあります、 マイクロ移植も有効な手段ですが手技が煩雑煩雑です。VTRACの治療に反応しない場合は次の段階の治療としてフラクショナルレーザーを行います。

  • フラクショナルレーザー照射当日、または照射後2日以内にVTRACを照射します。
  • フラクショナルレーザーの照射後2〜3日は浸出液が出る場合があります、ワセリンかハイドロコロイド絆創膏で保護してください。
症例写真1

手背、手指の白斑にたいしてVTRACを750J/cm2と高出力で25回治療を行いましたが、治療効果が明らかでなく、一部では白斑の拡大傾向を認めました。中紫外線治療とCO2REによるフラクショナルレーザーを併用しました。

手背 Vbeam vtrac
VTRACとステロイド外用薬の治療で治療効果が悪い症例でした、フラクショナルレーザーの併用で治療効果が大幅に改善されました。まだ赤みは残りますが明らかにメラニン色素が出始め、病変部と正常皮膚の周囲とのコントラストがぼやけてきています。
症例写真2
白斑 フラクショナルレーザー
指先の白斑は難治性ですがフラクショナルレーザーとの併用により治療成績が向上します。

ページTOPへ戻る 

手術療法(

フラクショナルレーザーにも反応しない場合は、マイクロ移植を行なっています。マイクロ移植は施術時間が一時間近く必要になり結構手間暇が必要になります。

  • マイクログラフト1 mm大の小さな皮膚移植を白斑部に行います)
  • 吸引水泡蓋表皮移植
マイクロ移植 VTRAC

ポイント青(白文字消し)css

20回以上のVTRACの照射にも関わらず治療効果が出ない場合は病変部に色素幹細胞がほとんど残っていないと思われます、そのような場合はまずフラクショナルレーザーとVTRACの併用治療を行います、それでも反応しない場合は、上記のマイクロ移植術を行います。植皮された1mm大の皮膚はVTRACの照射によりメラニン色素が速やかに周囲に広がります。

ページTOPへ戻る

色素幹細胞について

表皮の幹細胞と毛髪の幹細胞は共に毛包の外鞘のバルジ部よ皮脂腺開口部に存在します、色素を作る色素幹細胞もこの部位に存在すると思われています、VTRACで皮膚を強く刺激するとこの部位の色素幹細胞が色素細胞に分化し、再びメラニンを産生し始めると考えられています。

皮膚の幹細胞

ポイント青(白文字消し)css

VTRACの治療に難治性の場合は他のフラクショナルレーザーで前照射を行ってからVTRACを照射します、それでも色素が戻ってこない場合は色素幹細胞が全くない状態が考えられ、皮膚のマイクロ移植が必要になります。

ページTOPへ戻る 

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on GREE

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ