日光性色素斑の治療

はじめに

日光性色素斑の治療には内服薬・レーザー治療・外用薬がございます。最も効率が良く、確実なのがレーザー治療になりますが多くの場合内服薬と併用致します。 

ページTOPへ戻る 

内服治療

トラネキサム酸とビタミンCを内服して頂きます、3ヶ月の内服で3割近くの方にシミの改善が認められます。内服薬でシミの改善が認められない場合はレーザー等の他の治療法を考慮します。トラネキサム酸は止血作用がありますので、狭心症・脳梗塞・深部静脈血栓症・閉塞性動脈硬化症・ピルの内服を行なっている方は処方が出来ません。

 

青ポイント

3ヶ月の内服で2割のシミが薄くなります、残念ながら全員の方に効くわけではありません、トラネキサム酸は市販ではトランシーノとして売られています、稀に体に合わず気分が悪くなる方がいらっしゃいます。

ページTOPへ戻る 

 レーザー治療 ⇒ シミ治療に対しては現時点では最も効果が高い

  • 2種類のレザー治療機、Medlite C6またはGentle Maxを使用します。
  • 局所タイプのシミには高出力のレーザー「Qスイッチヤグレーザー」を使用します。
  • 広く散らばっているシミには弱い出力のレーザー「レーザートーニング」を行います。

NewImage

日光性色素斑に対してはレーザーかトレチノイン外用薬による治療を行います。『局所のタイプ』のシミではレーザー治療により1週間で治療可能です、『散在型のシミ』にはレーザートーニングによる治療を行います

ページTOPへ戻る 

【日光性色素斑】目次
  1. 日光性色素斑
  2. 治療
  3. 局所型
  4. 散在型
  5. 治療料金

 

治療機材(薬品)・その他 シミの種類 治療方法
  1. レーザー治療の入口
  2. レーザー治療料金表
  3. Medlite C6
  4. Gentle Max
  5. メラフェード
  1. シミの種類
  2. 日光性色素斑
  3. 脂漏性角化症
  4. 肝斑
  5. 遅発性太田母斑
  6. 刺青(Tatoo)除去
  7. 炎症性色素沈着(PIH)
  1. レーザートーニング

    治療の流れ
    症例
    治療経過と料金

  2. Qスイッチレーザー

    炎症後色素沈着・PIH

  3. レーザーフェイシャル

    治療成績

  4. ロングパルスヤグレーザー

    タルミ治療について
    赤ら顔の治療

No tags for this post.
サブコンテンツ

このページの先頭へ