シミの種類と治療機材

はじめに

シミには様々な原因と種類さまざまで、当クリニックでは最新型のQスイッチ付きヤグレーザー「Medlite C6」、複合レーザー治療機「Gentle Max」、トレチノイン&ハイドロキノン配合ローション「メラフェード」で扁平母斑以外のシミ治療を行なうことが出来ます(メラフェードは現在販売を中止)。 

ページTOPへ戻る 

APC (Aging Complex Pigmentation)について

30歳過ぎの「シミ」には多くの場合、種類の異なる「シミ」が共存しています、そのような状態をAPC (Aging Complex Pigmentation)といいます、よく見かける「シミ」は以下の6種類のです、それぞれ治療法が異なります。  
日光性色素斑(限局型) 日光性色素斑(散在型) 肝斑
 脂漏性角化症  遅発性太田母斑  雀卵斑(ソバカス)

 

ページTOPへ戻る 

イメージとしては2〜3種類の原因が重なりさまざまパターンを取ります

 

青ポイント

加齢により様々なタイプのシミが混在した状態をAging Complex Pigmentation (ACP) といいます、治療には多くの場合、複数の治療方法を組み合わせて行います。

ページTOPへ戻る 

レーザーの種類と特徴

シミの種類によって最適なレーザーを選択します。 
シミとレーザーの選択

解説アイコン

使用するレーザー機材は治療対象とするシミによって異なります、2種類以上のシミが混在している場合は複数のレーザーを組み合わせて治療を行います。

ページTOPへ戻る 

治療のフローチャート

星の原クリニックにおける、シミと赤ら顔の簡単な治療指針をフローチャートにしてみました、実際は複数の原因が混在し、複数の治療を組み合わせる場合があります。 
褐色のシミ治療
シミ治療のフローチャート

解説アイコン

「シミ」にもいろいろな種類があります、効果的な治療を行なうには適切な機材を選ぶ必要があります。

ページTOPへ戻る 

赤ら顔の治療
赤ら顔の治療

解説アイコン

多くの場合、治療は複数回必要で、数種類の治療を組み合わせる事もあります。

ページTOPへ戻る 

美肌のキープ・肌のメンテナンス
美肌キープ

青ポイント

定期的なメンテナンスで5年後10年後でもキレイなお肌をキープ出来ます。レーザーフェイシャルはムダ毛・シミに効果があり、洗顔後やメイクの時に違いがハッキリと分かります。ダブル照射はレーザーレーザーフェイシャル後にヤグレーザーによるレーザータイトニングを行います、より深い層の皮膚に作用して皮膚に張りを出します。

ページTOPへ戻る 

治療機材(薬品)・その他 シミの種類 治療方法
  1. レーザー治療の入口
  2. レーザー治療料金表
  3. Medlite C6
  4. Gentle Max
  5. メラフェード
  1. シミの種類
  2. 日光性色素斑
  3. 脂漏性角化症
  4. 肝斑
  5. 遅発性太田母斑
  6. 刺青(Tatoo)除去
  7. 炎症性色素沈着(PIH)
  1. レーザートーニング

    治療の流れ
    症例
    治療経過と料金

  2. Qスイッチレーザー

    炎症後色素沈着・PIH

  3. レーザーフェイシャル

    治療成績

  4. ロングパルスヤグレーザー

    タルミ治療について
    赤ら顔の治療

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on GREE

No tags for this post.
サブコンテンツ

このページの先頭へ