脂漏性角化症

加齢現象による盛り上がりのあるシミです、「老人性イボ」という別名通り若い人には生じません、初期は盛り上がりが少なく日光性色素沈症と鑑別が困難な事もあります。  

赤ポイントパネルcss

  • 加齢性の病変です、簡単に取れます。
  • 各種レーザーで治療可能です。
  • ほとんどの場合局所麻酔は必要ありません。

ページTOPへ戻る 

脂漏性角化症(老人性イボ)について

境界がはっきりしており、褐色の盛り上がりがあるのが特徴です、前癌病変の日光性角化症と鑑別する必要があります。 

 

ページTOPへ戻る 

原因

原因は紫外線の影響による皮膚の老化です。表皮細胞の老化により細胞の分化が正しく行われず基底細胞と有棘細胞が表皮内で増殖による「しこり」が原因です。  

 皮膚の解剖 脂漏性角化症 3

ページTOPへ戻る 

治療

以前はサージトロンを使用していましたが現在は炭酸ガスレーザーのCO2REかQスイッチレーザーを使用しています、サージトロンに比べて術直後の仕上がりが綺麗で、局所麻酔が必要ありません。 

CO2RE

ページTOPへ戻る 

症例写真(サージトロンによる切除)

浅く切除した症例です、手術直後はやや凹んでいます、赤みが2ヶ月ほど続きますが半年経過すると傷はほとんど分からなくなります。  

 

黄色注意(白文字消し)css
赤みのある時期に擦すると戻りジミ(PIH)の原因となります、赤みのある時期は保湿、紫外線予防、擦らないを徹底してください。

⇒PIHについて

ページTOPへ戻る 


治療機材(薬品)・その他 シミの種類 治療方法
  1. レーザー治療の入口
  2. レーザー治療料金表
  3. Medlite C6
  4. Gentle Max
  5. メラフェード
  1. シミの種類
  2. 日光性色素斑
  3. 脂漏性角化症
  4. 肝斑
  5. 遅発性太田母斑
  6. 刺青(Tatoo)除去
  7. 炎症性色素沈着(PIH)
  1. レーザートーニング

    治療の流れ
    症例
    治療経過と料金

  2. Qスイッチレーザー

    炎症後色素沈着・PIH

  3. レーザーフェイシャル

    治療成績

  4. ロングパルスヤグレーザー

    タルミ治療について
    赤ら顔の治療

No tags for this post.
サブコンテンツ

このページの先頭へ