Medlite C6

 Qスイッチ付きヤグレーザーです、照射条件を変えることで様々なシミや刺青の治療に使用できます。

Medlite C6

ページTOPへ戻る 

特徴

Qスイッチ付きヤグレーザーです、532nmと1064nmの2つの波長のレーザーを照射可能です、一般的な「」から入れ墨まで、更に今までは難しかった肝斑のレーザー治療を行えます。  

  • 532nmと1064nmの2種類の波長が照射可能。
  • 肝斑の治療としてレーザートーニングが可能。
  • 他のナノセカンドQスイッチレーザーに比べて刺青治療に適している。

ページTOPへ戻る 

MedliteC6の治療対象

ページTOPへ戻る 

Mediate C6による施術の種類
Qスイッチレーザー タグ
下書きノート pages
レーザートーニング タグ
低出力レーザートーニング

 

ポイント青(白文字消し)css

Mediate C6を導入して4年になります、様々な治療に応用できる優秀なレーザー機材ですが、刺青の治療と異所性メラノサイトーシス(ADM)の治療には最新型のPicoWayにその座を譲ります。

ページTOPへ戻る 

(低出力のレーザーで炎症性色素沈着を起こさない)

低出力レーザーで炎症を起こさずにゆっくりとシミを薄くしていきます。 

トーニング治療

ポイント青(白文字消し)css

浅いシミ・深いシミ・肝斑・ソバカス・刺青などほとんど全てのシミに対応出来ますが、深いシミ・刺青の治療は新型のピコセカンドレーザーによる治療に取って代わります。

ページTOPへ戻る

治療機材(薬品)・その他 シミの種類 治療方法
  1. レーザー治療の入口
  2. レーザー治療料金表
  3. Medlite C6
  4. Gentle Max
  5. メラフェード
  1. シミの種類
  2. 日光性色素斑
  3. 脂漏性角化症
  4. 肝斑
  5. 遅発性太田母斑
  6. 刺青(Tatoo)除去
  7. 炎症性色素沈着(PIH)
  1. レーザートーニング

    治療の流れ
    症例
    治療経過と料金

  2. Qスイッチレーザー

    炎症後色素沈着・PIH

  3. レーザーフェイシャル

    治療成績

  4. ロングパルスヤグレーザー

    タルミ治療について
    赤ら顔の治療

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on GREE

サブコンテンツ

このページの先頭へ