レーザートーニング

28年7月1日以降、レーザートーニングの施術はトータルケアコース(おまかせ10回コース)の施術の一部、または炎症性色素沈着(PIH)に対する治療の際に行なっています、レーザートーニングのみのコースは廃止となりました。 

貼り付けた画像 2016 08 06 8 41

はじめにcss

Medlite C6を使用したレーザー照射方法の名称です、一般的なQスイッチ照射の1/3~1/4の弱い出力のレーザーを照射します、炎症反応が少なく肝斑や顔全体のシミの治療に使用します、従来のレーザー治療法に比べて安全で治療効果が高い治療方法です。 

要約するとパネルcss

  • 肝斑やソバカスの様に細かく散らばったシミの治療に使用します。
  • 低出力のQスイッチ付きヤグレーザーを1〜2週間隔に照射します。
  • 1回では効果はなく、最低5回以上の治療が必要です。
  • 残念ながら1割り程度の割合で治療に反応が良くありません。(2015年時点)
黄色注意(白文字消し)css
レーザートーニングにより、肝斑が悪化したり、白抜けしたとの報告があります。当院でも治療効果が不十分、光アレルギーで施術後に顔が腫れた症例も経験しました。赤みが強かったり、紫外線によるダメージや日焼けがある、白抜けしている肝斑がある方は施術に注意が必要です。

ページTOPへ戻る

レーザートーニングの治療対象

広範囲の色素性疾患の治療に使用します。 

  • 肝斑のない顔全体や両頬にまばらに広がる広範囲のシミ(プレトリートメント必要なし)
  • (プレトリートメントが必要)
  • 炎症性色素沈着(PIH)の治療

ポイント青(白文字消し)css

肝斑患者に対する治療では2ヶ月間のプレトリートメントを実施してから、レーザートーニングを実施します、肝斑のない患者さんではすぐにレーザートーニングを開始します、また出力も当初から高めに設定いたします。

ページTOPへ戻る 

低出力のレーザーで炎症性色素沈着を起こさない

低出力レーザーで炎症を起こさずにゆっくりとシミを薄くしていきます
トーニング治療
青電球ポイント(白文字消し)css
波長が1064nmで深くまで届くレーザーを低出力で照射します、照射後カサブタ等は出来ず、日常生活が普通に送れます。

ページTOPへ戻る

特徴

要約するとパネルcss

  • 「シミが濃くなる」などの副作用が少なく、安全性が高い。
  • 治療間隔が短く、結果が早くでる(5〜10週間)。
  • カサブタなどが出来ず、日常生活の支障がほどんどない。
  • 今まではレーザー治療が出来なかった肝斑の治療が可能。
青指チェック(白文字消し)css
副作用発生率は0.13%です、その多くはレーザー照射前の内服薬によるプレトリートメントが不十分であったり、メイクを落とす際に強く擦るトラネキサム酸の内服が出来ない、施術者がハンドピースを離して照射した等がございます。

ページTOPへ戻る

】目次
  1. レーザートーニングとは
  2. 症例写真
  3. トータルケアコース(おまかせ10回コース)
治療機材(薬品)・その他 シミの種類 治療方法
  1. レーザー治療の入口
  2. レーザー治療料金表
  3. Medlite C6
  4. Gentle Max
  5. メラフェード
  1. シミの種類
  2. 日光性色素斑
  3. 脂漏性角化症
  4. 肝斑
  5. 遅発性太田母斑
  6. 刺青(Tatoo)除去
  7. 炎症性色素沈着(PIH)
  1. レーザートーニング

    治療の流れ
    症例
    治療経過と料金

  2. Qスイッチレーザー

    炎症後色素沈着・PIH

  3. レーザーフェイシャル

    治療成績

  4. ロングパルスヤグレーザー

    タルミ治療について
    赤ら顔の治療

サブコンテンツ

このページの先頭へ