3波長ピコ秒レーザー〈PicoWay〉

はじめにcss

 パルス幅(照射時間)がとても短いレーザー治療機材です、刺青除去や深いシミ治療に力を発揮します。

要約するとパネルcss

  • 20年ぶりの画期的なレーザー治療機です、刺青の治療期間が従来の半分以下です。
  • 785nmの波長は他のピコ秒レーザー治療器でも落ちなかった緑と青の刺青にも効果があります。
  • 実はシミ治療も得意です
  • フラクショナルレーザーのResolveは施術後のダウンタイムがないニキビ跡や小じわ等のリジュビネーション効果が期待されています。Resolveのページへ
PicoWay

派手な動画が見れます⇒ PicoWay(シネロンキャンデラHP)

PicoWay治療前後

解説グレー(白文字消し)css

シミの治療にレーザーが本格的に導入されたの1983年頃になります、その後各メーカーは出力を高めたり、照射面積を拡大したり、均一なレーザー出力など改善を加えてきましたが、いずれも小さい改善の域を出ませんでした。

ピコ秒レーザーは数十年ぶりに発売された画期的なレーザー治療器です、ピコ秒レーザーは現在3社が販売されていますが星の原クリニックではシネロン・キャンデラ社性の最新型PicoWayを導入しました。

PicoWay自体発売されてまだ1年程度ですが早くも改良版が開発されました、相違点として532nmと1064nm以外に緑・青の刺青に効果がある785nm(パルス幅300ps)の第三の波長が追加されました。

また皮膚の表面に傷つけずに表皮内や真皮内にフラクショナルレーザーを照射可能なモード〈Resolve〉も追加され、ニキビ跡の治療や各種リジュビネーション効果が期待されています。

ページTOPへ戻る 

PicoWayの波長とパルス幅

星の原クリニックのPicoWayは3波長のレーザーを照射出来ます、パルス幅が短いので刺青だけでなく今までにないシミの治療も実施出来そうです。 

PicoWayと波長

ポイント青(白文字消し)css

太田母斑や異所性真皮メラノサイトーシス(ADM)にはここ30年の間ルビーが最も効果的な治療法でしたが、今後は785nmのピコ秒レーザーにとって変わりそうです。

ページTOPへ戻る 

刺青のインク粒子を細かく砕きます

PicoWayは刺青治療に開発されました、従来のナノ秒Qスイッチ付きレーザーと来れべて治療期間が半分以下になりました。 

PIKOWAYと刺青

ポイント青(白文字消し)css

未治療の刺青のインク粒子は大きな塊となっているためまずはMedlite C6のナノ秒レーザーで治療し、ある程度インクの粒子を砕いてからピコ秒レーザーで治療した方が早く取れます、同日に2回レーザーを照射する方法もあり〈R20メソッド〉と言います。

ページTOPへ戻る 

治療期間が短い(半分以下)

黒系の単色の刺青は時間はかかりますがQスイッチヤグレーザーでも取れます、ピコレーザーレーザーの785nmと1064nm、更に従来のQスイッチヤグレーザーとの組み合わせ、同日2回照射のR20メッソドを行うとより早く刺青を薄くすることが出来ます。 

ピコレーザー 黒刺青 png

ポイント青(白文字消し)css

黒系の単色の刺青は従来のQスイッチヤグレーザーで薄くなって当たり前でした、ただ治療回数がプロの刺青の場合は10~20回必要になることも珍しくなく根気が必要でした、ピコレーザーでは治療期間が半分以下になりました。

ページTOPへ戻る 

殆ど全ての色の刺青の治療が可能です

星の原クリニックのPicoWayは3波長のレーザーを照射出来るため、従来のレーザーが苦手としてきていた緑・青色の刺青にも対応可能です、以下がPicoWayが照射できるレーザーの波長とパルス幅です、刺青のインクの色に合わせて以下の波長のレーザーを照射し ます。 

波長と刺青の色の除去効果

ポイント青(白文字消し)css

現在クリニックで使用しているQスイッチヤグレーザーは 2波長が出力でき、またパルス幅が6ns  (6000ps)と既存のQスイッチレーザーの中では最もパルス幅が短かいため、熱傷や瘢痕のリスクが少なく刺青の治療が可能でした。

ページTOPへ戻る 

緑・青系の刺青も治療可能

従来のQスイッチレーザーでは緑と青系の刺青には反応が弱く、なかなか薄くならない場合は炭酸ガスレーザーで削る事も選択肢の一つでした。PicoWayの再3波長の785nmは従来苦手としていた緑・青系にも対応できます。 

ピコレーザー 刺青 緑 png

ポイント青(白文字消し)css

既存のQスイッチレーザーでは上記の様な緑〜薄い青の刺青は反応が悪く、治療には特に時間がかかりました、PicoWayの785nmのレーザーでより治療期間が大幅に短くなります。

ページTOPへ戻る 

赤と黄色の刺青によく効きますよく反応します。

従来のレーザーは緑や薄い青ほどではありませんが、赤や黄色の刺青治療効果が良くありませんでした。PicoWayの532nmの波長を使えば赤・黄色の刺青も治療期間が半分以下になります。

ピコ秒レーザー

ポイント青(白文字消し)css

黄色い部分は7回照射してやっと薄くしました、8回目にPicoWayを使用、ピコ秒レーザー1回の照射によりあっという間に薄くなりました。(一般的には薄くなってきた刺青はレーザーの反応が悪くなりなかなか薄くなりません)

ページTOPへ戻る 

Resolve(新しいタイプのフラクショナルレーザー)

はじめにcss

無数の小さな穴を表皮内や真皮内にあけて、小じわやニキビ跡の治療に使用します、一般的なフラクショナルレーザーと異なりダウンタイムが殆どありません。 

Resoleve PicoWay

赤ポイントパネルcss

  • 小皺やニキビ跡の治療に使用します。
  • 皮膚の表面は傷つけないのでダウンタイムが殆どありません。
  • 表皮内か真皮内に無数の細かい空胞ができ、肌の代謝を進め新しい細胞に入れ替えます。
  • 似たようなレーザー機材としてフラクセルがございます。

シネロンキャンデラによる動画が見れます⇒ PicoWay(シネロンキャンデラHP)

ポイント青(白文字消し)css

新タイプのフラクショナルレーザーです、従来のフラクショナルレーザーは炭酸ガスレーザーを使用するタイプが多く効果は高いのですが術後のダウンタイムが問題でした、Rsolveは施術による軽度〜中程度の腫れは出ますが皮膚の表面は傷つけないので直後からメイクも可能です。

ページTOPへ戻る 

フラクセルとの比較

双方ともフラクショナルレーザーで皮膚の表面を傷つけずに皮内に作用します。フラクセルは多数の小さいレンズを使用していますがResolveはホログラフの技術を使用して細かい無数のレーザー出力します、Resolevの方がピークパワーが高く、出力が均一です。 

Resolve vs fracel pdf

ページTOPへ戻る 

LIBOs;Leaser Induced Optical Breakdown

LIBOsとは直訳すればレーザー照射によって誘発された光学的破壊となります、Resolveにおいては表皮内、または真皮内にできる空洞です、Resolveではこのような空洞が多数皮内に形成されます。 

PicoWayパンフレット2 pdf

ポイント青(白文字消し)css

LIBOが出来ることにより創傷治癒反応を刺激し、皮膚のリモデリングを促します。表皮の基底層が破壊されていない為、皮膚の表面は正常に保たれているため施術直後からメイクが可能です。

ページTOPへ戻る 

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on GREE

No tags for this post.
サブコンテンツ

このページの先頭へ