レーザートーニングの治療経過と施術料金

はじめに

1回照射では十分な効果が 認められません、5回~10回の治療が必要です。 皮膚の厚さ・地肌の色の濃さ・シミの深さによって治療効果と効果が現れる速度が異なります、照射するごとにメラニンが少なくなります。 
ドクターイラスト ドクターからのコメント


レーザートーニングは2006年より普及し始めました、当初は比較的高出力で照射し、治療5回でハッキリした治療効果がでるとの報告が多くありましたが、症例の数が多くなるにつれて、出力を高めで照射すると、白抜けや、シミの悪化の報告出始め、治療回数も10回以上必要で、治療に反応しない割合が10%近くあると報告されるようになっています。実際のところ地肌が濃い方でおタバコを吸われている方は注意が必要です。

ページTOPへ戻る 

レーザートーニング治療経過

シミは徐々に薄くなっていきます、シミの落ち方には個人差があります、治療前の内服薬はとても大切です。 
レーザートーニングの経過
  • 灰色⇒1~2回の治療で急速に薄くなっていくパターン
  • 緑色⇒照射ごとに薄くなっていくパターン
  • 赤色⇒照射8回目から急速に薄くなっていくパターン
  • 青色⇒シミが落ち切らないパターン

青ポイント

星の原クリニックでは1クールの治療は5〜10回になります、5回の治療でも毎回出力を調節することで3割の患者さんでハッキリとした効果が出ます(残念ながら個人差があります)。10回照射後はお得なアフターケア照射でメンテナンスさせていただきます。

ページTOPへ戻る 

レーザートーニング料金表

レーザートーニングは一回の治療では効果がよくわかりません、5回または10回のコースをご用意しております。5回の治療でハッキリとした効果が現れる方が30%程度になります、10回コースではより確実な効果を目指してQスイッチレーザーの治療も併用致します。 
レーザートーニング治療コース施術料金
10回コース特典
  • 10回コースには1回施術につき3又は5箇所までのQスイッチレーザーが追加料金なしで施術できます。
  • 顔全体10回のコースの治療期間中に最大50箇所、両頬は30箇所のQスイッチレーザーを無料行います。
  • 11回以降の施術料金は10回コース終了後に適応させて頂きます。

青ポイント

キレイになったお肌を維持するための1〜2ヶ月に1回のレーザートーニングのメンテナンス照射が大切です、継続的なメンテナンス照射によって綺麗な肌質の維持とよりいっそうの美白効果をもたらします。お気軽に来ていただけるようにメンテナンス照射の施術料金を従来の3分の1程度に引き下げました。

ページTOPへ戻る 

【レーザートーニング】目次
  1. レーザートーニングとは
  2. 治療の流れ
  3. 症例
  4. 治療経過と料金
治療機材(薬品)・その他 シミの種類 治療方法
  1. レーザー治療の入口
  2. レーザー治療料金表
  3. Medlite C6
  4. Gentle Max
  5. メラフェード
  1. シミの種類
  2. 日光性色素斑
  3. 脂漏性角化症
  4. 肝斑
  5. 遅発性太田母斑
  6. 刺青(Tatoo)除去
  7. 炎症性色素沈着(PIH)
  1. レーザートーニング

    治療の流れ
    症例
    治療経過と料金

  2. Qスイッチレーザー

    炎症後色素沈着・PIH

  3. レーザーフェイシャル

    治療成績

  4. ロングパルスヤグレーザー

    タルミ治療について
    赤ら顔の治療

No tags for this post.
サブコンテンツ

このページの先頭へ