星の原クリニックの院長の林です、8月16日にラエンネックの製造会社・日本生物製剤より、ラエンネックを投与された患者さんがB型肝炎を発症したため、事実関係と安全性確認ができるまで、ラエンネックの治療を当分控えるようにとの通知が来ました。よって当院でのラエンネックの投与はしばらく中止させていただきます、私的な感想としては以下の理由で今回のB型肝炎の発症とラエンネックは無関係ではないかと推測しています。

  • 同じロットでも他にB型肝炎の発症例がいない。
  • 製造過程で高圧蒸気滅菌4回実施されている。
  • 最終製品に拡散増幅検査でB型肝炎ウイルスの混入がないことを確認している。
  • 過去にラエンネック治療によるB型肝炎ウイルスの感染報告がない。

以上より、今回のB型肝炎発症はB型肝炎キャリアー患者の発症、または性交渉などによりB型肝炎の感染が原因ではと推測しております、しかしながらラエンネック治療はメーカーの安全の通達が出るまでしばらく中止させていただきます。

[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
GREE にシェア