7種類の光学治療器を使用してシミ、赤アザ、イボ、ホクロ、ニキビ跡などの治療を行っています。

星の原クリニックのレーザー治療器

はじめにcss

加齢と共に出来るシミは、種類の異なる複数のシミが共存しており、それぞれの治療方法が異なります。シミの種類や患者さんのレーザーの反応をみながら複数の治レーザーを組み合わせて、安全に確実になるべく早くシミを取るよう  に努力しています。

シミの種類,複合的なシミ

ページTOPへ戻る 

シミの種類

主な「シミ」は以下の6種類になり、それぞれ治療法が異なります。画像をクリックするとリンクに飛びます。  
 星の原クリニックのシミ治療 日光性色素斑(局所型)
加齢と紫外線ダメージで出来るシミです、いろいろな方法で治療できますが、当院では確実で、治療期間が短く、再発が少ないピコ秒レーザーで治療します、治療回数は1〜2回です。
 星の原クリニックのシミ治療 日光性色素斑(散在型)
淡褐色〜褐色の細かいシミです。治療はカサブタが出来ないレーザトーニングか、細かいカサブタが出来る強めのレーザーフェイシャルになります。 
 星の原クリニックのシミ治療 肝斑
女性の両頬のに良く出来るシミです、20歳代後半〜30歳台から出始めます、生活指導と弱いレーザー治療を行いますが、5~10%に治りの悪い肝斑があります。 
 星の原クリニックのシミ治療  脂漏性角化症
加齢現象によるイボで、老人性イボとも言われています、褐色で盛上がりがあるのが特徴です。炭酸ガスレーザーかピコ秒レーザーで治療します。
 星の原クリニックのシミ治療  後天性真皮メラノサイトーシス(ADM)
頬骨近くに良くできる、米粒大でボヤッとしたタイプのシミで、皮膚の深い部位のシミです。強いレーザーでしか治療できません、ピコ秒レーザーで治療します。

星の原クリニックのシミ治療
雀卵斑
若い方に出来る、細かい淡褐色の小さなシミです、レーザトーニングか強めのレーザーフェイシャルで治療します。 細かなカサブタは出来ますが治療期間の短い強めのレーザーフェイシャルがお勧めです。

 

レーザー治療との併用

シミの種類により、内服薬や外用薬を組み合わせるとレーザーの治療成績が上がります。

シミ治療

ページTOPへ戻る 

レーザー治療コースの

シミの種類に応じて様々な治療・治療コースを用意しております。左側がお手軽な治療法で、右に行くにほど対応出来るシミが多くなります。

レーザー治療コースの関係

シミの種類と治療手段

シミの種類と治療方法の一覧です、それぞれの治療・コースによって治療対象のシミが異なってきます。

 




























6
T
O
Q
10





シミ(少ない)
シミ(多い)
ソバカス
肝斑(軽度)
肝斑(重度)
ADM
(深いシミ)
イボ・ホクロ
赤アザ
ムダ毛
小じわ

 

  • 星クリーム:単独またはレーザー治療と併用します、成分の異なる4種類をご用意しています。
  • レーザースポット治療:シミが少ない方に最適、ピコレーザーを使用し約10日でシミがとれます。
  • レーザートーニング5回:顔全体に照射するお手軽コースです、治療効果は少しバラツキがあります。
  • シミバスター6回:肝斑がひどくなく、細かいシミが多い方にお勧めです。
  • TOQ10:肝斑が目立つ方に、トーニングとスポット照射を組み合わせたコースです。
  • トータルケア5回・10回:様々なシミが混在している方、イボ・ホクロが多い方にお勧めです。

ページTOPへ戻る