28年8月以降はピコ秒レーザーのPicoWayを使用しています。ピコ秒レーザーは従来のナノ秒レーザーに比べて格段に治療成績が良く、また3波長を使い分ければほとんどの色の刺青治療に対応出来るようになりました。

ページTOPへ戻る 

前腕部の単色の刺青(治療中)

少し弱めの設定で5回照射しました、順調に薄くなってきており、残っている刺青は深彫りのラインのみとなっています。

PicoWay 5回治療

ページTOPへ戻る 

背中の単色刺青 使用機材Mediate C6 ⇒ (治療中)

プロの彫り師の背中全体の刺青です、ナノ秒ヤグレーザー8回、その後はピコ秒レーザーの治療を行なっています。Kirby-Desai Tattoo Removal Scaleによる予想治療回数はナノ秒レーザーでは16回、ピコ秒レーザーでは10回になります。

上背部
PicoWay 治療前後

 

中背部
PicoWay 写真 治療前後
刺青のインクはかなり薄くなっているのですが、治療による褐色の炎症性色素沈着がまだ目立ちます、炎症性色素沈着は1〜2年でかならず自然に薄くなりますが、当院でレーザートーニングを行なっています。

ページTOPへ戻る 

大腿の多色刺青  medlite C6 ⇒PicoWay

トラの刺青ですイエロー、グリーン、レッドが入っているマルチカラーです、最初の7回までナノ秒レーザーを照射、8回目以降はを照射しました。

 

17回照射後
IPhoto

 

21回治療

遠目からはわからなくなりました。

NewImage

 

ピコ秒レーザーはマルチカラーの刺青に絶大な効果を発揮します、今まで苦手としていた赤・黄色・淡い青・緑に532nm、785nmを使用することで治療回数を減らす事ができます。刺青の輪郭はほぼ分からなくなっております、炎症性色素沈着によるシミがまだありますが1~2年かけて薄くなります。

ページTOPへ戻る 

大腿の多色刺青 Mediate C6 ⇒ PicoWay

多色の般若の刺青です、治療前とナノ秒ヤグレーザーを8回、ピコレーザーを9回照射しました。

16回照射
刺青 PicoWay
21回治療

黒色化した部位の入れ墨と、炎症後色素沈着、白抜け、緑の入れ墨がまだ若干あります、ここまで約3年かかりました。

NewImage
7色(緑、黄色、朱色、黒、赤、紫、白)を使用したマルチカラーの刺青です、ナノ秒レーザーでは治療はほぼ不可能とされていました。レーザー治療によって発生した白と紫の刺青の黒色化した部分も、回数がかかりますがピコ秒レーザーでは薄くなります、褐色の炎症性色素沈着と白抜けがあります。

ページTOPへ戻る

肩〜上腕の刺青 (medclite C6 ⇒ PicoWay治療中 )

他院ですでに14回治療後の肩の刺青です、治療部位がすでに熱傷様の瘢痕になっていました。

PicoWay 刺青

 

他院でアレキサンドライトレーザーによる治療を14回治療後に当院にご来院、レーザーの照射設定は不詳です、来院時すでに治療部位の瘢痕がかなりあります、ナノ秒ヤグレーザー2回照射、それ以降はピコレーザーを照射しました、12回の治療で刺青の色自体は目立たなくなりました、今後瘢痕の治療を予定しています。

ページTOPへ戻る 

背中の刺青(マルチカラーPicoWay治療中)

背中の4色のマルチカラーの刺青ですKirby-Desai Tattoo Removal Scaleでの予想治療回数はナノ秒レーザーでは16回、ピコ秒レーザーでは10回ですが、そもそもナノ秒では緑や淡青は取れない事が前提となっています。

PicoWay

 

7回治療・785nmの初照射前後

PicoWayの第三波長785nmの入荷遅れのため、1064nmで治療を6回行いました、既存の532nmと1064nmはいずれも緑と淡青を苦手としていて、下の写真の様に淡青のインクが目立ちます、785nmの一回の照射でかなり薄くなりました。

PicoWay 785nm

 

10回治療後

治療が難しい淡青系の入れ墨ですが785nmの照射後かなり薄くなりました。

NewImage
12回治療後

黒の刺青と、炎症性色素沈着の茶色がまだあります、淡青の刺青はかなり目立たなくなっています、ここまで来ると時間とともに自然に薄くなります。

刺青除去マルチカラー
785nmのレーザーは今までにないタイプのレーザーです、緑や淡青の刺青を得意としています、実際他の波長に比べて緑によく効きます。ただ他の波長に比べて出力が弱く、広い面積の治療は苦手としていています。

ページTOPへ戻る 

上腕の刺青 使用機材PicoWay(ほぼ終了)

肩の単色の刺青です、Kirby-Desai Tattoo Removal Scaleでの予想治療回数はQスイッチレーザーでは11回、ピコ秒レーザーでは7回です。

6回治療後
IPhoto

 

7回治療後
PicoWay 刺青
肩の単色の刺青です、PicoWayで7回治療致しました、刺青のインクはほぼなくなっています、褐色の炎症性色素沈着はまだ少しありますが必ず自然に薄くなります。

ページTOPへ戻る 

下腿の単色刺青 :使用機材 Mediate C6 ⇒ PicoWay(治療中)

下腿の刺青です、黒一色に見えますが実は白色が入っております、Kirby-Desai Tattoo Removal Scaleによる黒色部位の治療回数の目安はナノ秒レーザーでは12回、ピコ秒レーザーでは7.2回になります。白色の刺青は一度黒色化してから薄くなっていきますが、治療回数はおおくなります。

PicoWay 刺青
下腿の単色の刺青です、5回目以降にナノ秒のPicoWayに変更してから急速に薄くなりました、茶色部位は炎症性色素沈着によるシミで自然に薄くなります、一部白抜けも有りますが経過は順調です、非常に分かりにくいのですが尻尾の先端と虫体の光沢部位に白のインクが使用されており、白インク照射部位は黒色化により色が濃くなっていますが、治療を継続すると薄くなってきます。

ページTOPへ戻る 

肩の単色の刺青

肩の単色の刺青です、7回照射後です、Kirby-Desai Tattoo Removal ScaleではQスイッチレーザーでは10回、ピコ秒レーザーでは6回程度の治療回数になりそうです。

PicoWay 刺青

 

PicoWay 刺青
7回の治療後です、刺青はかなり薄くなりましたがまだ残っています、その他褐色の炎症性色素沈着と部分的な白抜けが混在している状態です。回数を重ねればもっと薄くなります。

9回照射後

NewImage

 

9回の治療でかなり薄くなりました、赤みはありますが自然に薄くなります、下の入れ墨はほぼ治療が終了です。
10回治療後

NewImage

あと少しだけ入れ墨の黒が残っています、若干白抜けもあります。

ページTOPへ戻る 

両肩の黒赤2色の刺青(PicoWayで治療中)

両肩の深い刺青です、刺青のインクが深く、濃く、幅広く、盛上がりがタイプは治療に時間がかかります、照射部位の瘢痕のリスクも上がります、Kirby-Desai Tattoo Removal Scaleではナノ秒レーザーでは16回、ピコ秒レーザーでは9.6回になります。

IPhoto

 

IPhoto
刺青はかなり薄くなりましたがシミが目立ちます、盛り上がりのは悪化していません。今後はシミの治療を行いながら治療を継続して行きます、まだまだ薄くなります。盛り上がっている部位は刺青治療が一段落ついてから行う予定です。

ページTOPへ戻る 

肩の刺青(治療中)

左の肩の単色の刺青です、まだ治療中です。Kirby-Desai Tattoo Removal Scaleによる治療回数の目安はナノ秒レーザーでは12回、ピコ秒レーザーでは7.2回になります。

IPhoto

 

PicoWay 写真
4回 PicoWayで治療致しました、治療継続中です。刺青自体は順調に薄くなってきていますが治療による色素沈着があります、色素沈着にはレーザートーニングを行なっています。治療を継続することで、刺青と色素沈着はもっと薄くなります。

ページTOPへ戻る 

左上腕内側の刺青

PicoWayで治療中の左上腕の刺青です、患者さんのご希望で一部のみの治療です。Kirby-Desai Tattoo Removal Scaleでの予想治療回数はピコ秒レーザー治療では7回です。

PicoWay 刺青

 

PicoWay 写真
9回治療後(治療終了)
NewImage
9回の治療で部分的な白抜けと軽度の色素沈着が残っていますが治療はほぼ終了です、一見では治療部位の刺青は分かりません、色素沈着は自然に薄くなります。

ページTOPへ戻る 

上腕の単色刺青(5回照射) 使用機材PicoWay

5回治療

上腕の刺青です、Kirby-Desai Tattoo Removal Scaleの計算ではQスイッチレーザーの治療の場合は10回、ピコ秒レーザー治療では6回程度の治療回数です。

IPhoto
順調に刺青が薄くなっています、茶色の色素沈着はありますがしろ抜けや肥厚性瘢痕はありません、治療を継続すると更に薄くなっていきます。
10回治療後

NewImage

炎症性のシミと白抜けとレーザー治療後の白抜けがありますが、入れ墨のインク自体はほぼなくなりました。

ページTOPへ戻る 

腕のマルチカラーの刺青

腕の多色の刺青です、Kirby-Desai Tattoo Removal Scaleの計算ではQスイッチレーザーの治療の場合は13回、ピコ秒レーザー治療では8回程度の治療回数です。

5回治療後
PicoWay 写真

 

6回治療後
PicoWay 刺青
6回目からは785nmの波長を使用しました、緑以外は順調に薄くなっています、5回治療時に目立っていた照射部位の赤みは6回治療時にはかなり改善しています、緑以外の刺青はかなり薄くなっています、今後は785nmを中心に治療予定です。

ページTOPへ戻る 

下腿の単色刺青

下腿の素人の刺青です、Kirby-Desai Tattoo Removal Scaleの計算ではQスイッチレーザーの治療の場合は9回、ピコ秒レーザー治療では5.4回程度の治療回数です。

PicoWay 刺青除去

 

PicoWay 刺青
4回の照射でかなり薄くなりました、レーザー治療による炎症性色素沈着(PIH)が目立ちますが自然に薄くなります、当院では炎症性色素沈着に対してはレーザートーニングを行なっています。

ページTOPへ戻る 

首(耳介後部)の単色のタトゥー

頭部(耳の後ろ)の刺青です、顔面は刺青が取れやすい部位になります、ナノ秒で1回、ピコ秒レーザーで8回治療しました。Kirby-Desai Tattoo Removal Scaleによる予想治療回数はナノ秒レーザーでは8回、ピコ秒レーザーでは5回になります。

PicoWay 写真
もうほとんどわからない程度に薄くなっています、炎症性色素沈着や瘢痕もありません。

ページTOPへ戻る 

下腿の幅の広い単色刺青

幅が広く、インク量が多い刺青はピコ秒レーザーでも治療に難渋します、照射出力を高くするとピコ秒レーザーでも瘢痕を起こすリスクが有るためやや低めの出力から照射します、また下の症例は場所が足首付近のまめ色素沈着を起こしやすく、墨の取れの悪い部位です。

左下腿 刺青 ピコレーザー

 

刺青治療13回
まだ刺青はハッキリと分かる状態ですがピコ秒レーザーの場合、治療を続けることにより、少しずつですが必ず薄くなります。

ページTOPへ戻る 

足背部の2色の刺青

足背部の赤・黒の刺青です、11回の治療でぱっと見では分からなくなっています。

足背部マルチカラー
一般的に頭から離れるほど刺青の落ちは悪くなります、よって足背は落ちの悪部位で治療回数が多くなります、ナノ秒レーザーの時代は赤の刺青は治療に難渋しましたがピコ秒レーザーでは黒より落ちが良い印象があります。

ページTOPへ戻る 

前腕の単色の刺青

Kirby-Desai Tattoo Removal Scaleによる予想治療回数はナノ秒レーザーでは15回、ピコ秒レーザーでは9回になります。範囲が広いため比較的弱い出力で治療しています。

4回照射後
PicoWay 刺青
初回の照射で腫れが強くでましたので、やや低めの出力で照射しています、薄い部位はほぼ取れています、出力が高くないため褐色の炎症性色素沈着や弱めです。
照射直後

比較的出力が弱くても、照射直後は写真の様に皮下出血がでます、範囲が広い場合は1日に全部治療せずに分割して照射します。

IPhoto

ページTOPへ戻る 

手背のマルチカラーの刺青

黒・赤・黄色・緑・白の多色の刺青です、細かい図柄です、白の刺青に照射すると黒色化が起こるので、注意深く照射しました。

NewImage

ページTOPへ戻る 

手指の刺青

手指・趾の刺青は他の部位に比べてなかなか薄くなりません。この症例では7回の照射でかなり薄くなりました。

NewImage

ページTOPへ戻る 

【刺青・】目次
  1. PicoWay(ピコ秒レーザー)
  2. 刺青・タトゥー除去 
  3. 症例写真
  4. 施術の流れと治療代金
  5. 治療回数の目安
  6. 刺青治療のQ & A
  7. ピコフラクショナルレーザー(Resolve)

ページTOPへ戻る 

[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
GREE にシェア