はじめにcss

 イボの治療において一回の治療での完治率はサージトロンに比べて明らかに劣りますが、術後の疼痛と管理の煩雑さは大幅に軽減されます。

イボ,疣贅,レーザー,写真

ページTOPへ戻る 

パルスダイレーザー vs ヤグレーザー

両方共赤アザの治療に使用されるレーザーです、皮膚の薄い部位は色素レーザー(パルスダイレーザー)、皮膚の厚い部位はパルスダイレーザーを使用します。

Vbeam VS YAG

 

イボ,疣贅,レーザー

ページTOPへ戻る 

術前・術後のながれ
  • レーザー照射前に角質を除去する必要がる場合があります。
  • レーザーを2〜3回照射します。
  • 照射部位をテープで保護します。
  • 2週間後に診察させていただきます、取り残しが明らかな場合は最照射します。

ページTOPへ戻る 

症例写真

4年前に発症した左足底部のウイルス性疣贅です、他院で液体窒素治療を30回、炭酸ガスレーザー治療を1回実施しましたが改善しないとのことで来院為さりました。

初回手術(サージトンによる)
イボ,疣贅,写真

 

Vbeamによる再発の治療

上記の患者さんです、上記の患者さんは上の写真のでは綺麗になりましたが、その後治療部位と未治療部に細かく再発を繰り返した、再発部位を色素レーザーで治療しました。

イボ,疣贅,レーザー,写真
上記の患者さんは色素レーザーやヤグレーザーの治療でもしつこく再発を繰り返すため最終的には水泡形成剤で治療いたしました。

成人男性の足底部のイボ

足底部の厚みのあるイボです、丁寧に角質を除去してから色素レーザーの治療を3回行いました。

イボ,疣贅,レーザー,写真

 

ページTOPへ戻る 

小児の手掌のイボ

小児男児の手の平のイボです、うまくいけば写真のように一回の治療で治りますが、残念ながら治療成績が今ひとつ安定しておらず複数回の治療が必要になることがあります。

色素レーザー ウイルス性イボ

 

ページTOPへ戻る 

症例写真;右足底の多発性尋常性疣贅(YAGレーザーの症例)

3年前から、右の足の底にイボができ、近所の皮膚科で液体窒素の治療を3回受けたが改善されませんでした。

〈術前写真〉右足底部の大きなイボと足指のイボ

右大小のイボが散らばっています、範囲が大きすぎるため一度に取ることは諦め、まず丸で囲んだ部位をヤグレーザーで治療しました、黒いマジックは総合病院の形成外科で植皮による治療を提案された際の目印です

イボ,疣贅,レーザー,写真

ページTOPへ戻る 

〈術後5週間〉

傷はまだ完治していませんが再発は認めません、未治療部のイボは消失するか小さくなっていました。

5週間後

後日、残りのイボの治療を予定していましたが、ウイルスに対する免疫が出来て残りのイボは自然に消失し、1回の治療で完治しました。

ページTOPへ戻る

足母趾のイボとYAGレーザー治療1回目

現役の運動選手のため、足に深い傷を作ることが出来ませんでしたのでヤグレーザーで治療しました、。

1回照射後
イボ,疣贅,レーザー,写真
2回照射後
イボ,疣贅,レーザー,写真

2回のヤグレーザーの照射で母趾のイボはほぼ消失しました、必ずしも常にこの様にうまく行くわけではありません。。

ページTOPへ戻る 

【尋常性疣贅・ウイルス性イボ】目次
  1. イボ(尋常性疣贅(イボ))とは
  2. 星の原クリニックでのイボの治療
  3. サージトロンによるイボ切除
  4. 治療経過写真1
  5. 治療経過写真2
  6. 治療経過写真3
  7. 治療経過写真4
  8. 治療経過写真5
  9. 浸潤療法
  10. 術後の経過と管理
  11. 術後のトラブルと再発
  12. レーザーによるウイルス性疣贅の治療
  13. 水泡形成によるイボ治療
  14. 治療料金表

ページTOPへ戻る