手術バナー

 だんだん大きくなるシコリ、臭い汁がでるシコリがある。

上記のような症状をお持ちの方は、粉瘤・脂肪腫の可能性が考えられます。お困りの方は福岡市早良区の星の原クリニックまで一度ご相談ください、手術の後の傷が小さくなる『くり抜き方』などで治療しています。

治療前の注意

  • 粉瘤・脂肪種の手術は基本的には診察後の予約制となっております。
  • 手術室に空きがある時は診察当日に手術可能です。
  • 7〜14日後に抜糸が必要です。
  • 肛門周囲のしこりは肛門周囲膿瘍、痔瘻の可能性があるため肛門科の受診をお勧めいたします、当院では治療を行なっておりません。
  • 術後の血腫や感染症の有無の確認と抜糸の必要があり手術日以外に1〜2回の受診が必要となることがあります。
くり抜き出来ない・バナー
  • 患部が細菌感染により腫れている
  • 患部の場所が深い
  • 小さい切開から出せない硬い病巣
  • 腫瘍と周囲の癒着が強い場合
  • 血が止まりにくい方
  • 心臓・肝臓・脳に重度の病気がある方

ページTOPへ戻る

粉瘤とは

表皮や毛包の組織が陥入して、垢・汗等の老廃物が貯まる病気です、多くの場合、中心に黒色の開口部があり、悪臭を伴う粥状の物質を排出します。治療で大切なのは被膜も取り除く事です、被膜が残ると再発します、以下の様ないろいろな呼び方があります。

  • 粉瘤
  • アテローマ
  • 表皮嚢腫
  • 類表皮嚢胞
粉瘤,脂肪腫,くり抜き法,福岡

傷はなるべく小さくなるように工夫しておりますが傷はゼロではございません、また一週間後に抜糸が必要です、抜糸に来院出来ない方は大変申し訳ございませんが手術をお断りしております。また感染している粉瘤、深い粉瘤、被膜が癒着している粉瘤は傷が長くなります

ページTOPへ戻る

手術前の検査

手術前にエコー検査を行い、粉瘤や脂肪腫の形や深さを確認し、正確で安全な手術を目指しています。

エコー検査

下の写真は一見典型的な粉瘤ですが、エコー検査を実施した所、雪だるま様の粉瘤でした、エコー検査で前もって深い部位にも粉瘤があることがわかっていたので、1回の手術で取りきりました。

粉瘤写真

粉瘤エコー検査.

電話問い合わせメール問い合わせ

ページTOPへ戻る

切開線

トレパンという円形の刃が付いたメスの様な物か、炭酸ガスレーザー、メスのいずれかを使用します。

粉瘤,脂肪腫,くり抜き,福岡

ページTOPへ戻る

症例の写真

背中の脂肪腫

大きさが7cmの脂肪種です、古典的な切開線は灰色の線で切開線は腫瘍と同等または大きくなります、脂肪種の場合は大きさによって4〜8mmの円形〜楕円形の切開線になります、今回は脂肪種が大きかったので中央の円形の大きさ8mmの孔を開けました。

粉瘤,脂肪腫,くり抜き,福岡

ページTOPへ戻る

脂肪種の症例(術中写真)

脂肪種は塊が大きいのでそのままでは小さな孔から摘出することが不可能です、鉗子などでほぐしながら引きずり出します。

粉瘤,脂肪腫,くり抜き法,福岡

粉瘤,脂肪腫,くり抜き法,福岡

ページTOPへ戻る

脂肪種の症例(縫合線)

腫瘍の大きさに較べてかなり小さい切開線となりました。

粉瘤,脂肪腫,くり抜き法,福岡

ページTOPへ戻る

小学生女子の大腿外側の粉瘤

小学生の女の子の太ももの粉瘤です、被膜がしっかりしていて綺麗に取れました、切開線は2〜3mmでした。

粉瘤,脂肪腫,くり抜き法,福岡

ページTOPへ戻る

背中粉瘤の症例

背中の15mmの粉瘤です、過去に赤く腫れ上がった経緯がないことより周囲の組織と癒着はないと判断しました、癒着がないと被膜が簡単に取れます。

粉瘤,脂肪腫,くり抜き法,福岡

背中粉瘤の症例(摘出後)

切開は2mmの穴を炭酸ガスレーザーで丸い穴を開けました、長いあいだ皮膚が伸張されていたため皮膚が薄くな、色素沈着を認めます。本体の大きさに1/7の切開線です。

粉瘤,脂肪腫,くり抜き法,福岡

背中粉瘤の症例(摘出した被膜)

摘出した被膜です、中身が抜けてしぼんで写真ではよく判りませんが被膜の表面はツルッとしています。

粉瘤,脂肪腫,くり抜き法,福岡

ページTOPへ戻る

右頬の粉瘤の症例

右の小鼻の下の粉瘤です、大きさは8mm程度です、赤く腫れた事がないということですのでキレイに取れそうです。今回は1.5mmの穴を炭酸ガスレーザーで開けました。

術前写真

粉瘤,脂肪腫,くり抜き法,福岡

術中写真

粉瘤,脂肪腫,くり抜き法,福岡

粉瘤,脂肪腫,くり抜き法,福岡

傷跡(術後1週間)

術後1週間に抜糸します、赤みが1〜2ヶ月、シミが3〜6ヶ月出ますが最終的にはほとんど分からなくなります。

粉瘤,脂肪腫,くり抜き法,福岡

ページTOPへ戻る

4cmの背中の粉瘤

背中に出来た4cmの粉瘤です、トレパン4mmで皮膚切開を行いました。

術前

粉瘤,脂肪腫,くり抜き法,福岡

被膜の剥離

粉瘤はある程度大きくなると周囲の組織と癒着が生じます、引っ張りながら鋏で剥離します。

粉瘤,脂肪腫,くり抜き法,福岡

被膜を摘出

被膜を摘出しました、一部筋膜と癒着していました。

粉瘤,脂肪腫,くり抜き法,福岡

縫合

被膜を摘出後、消毒して傷を縫合します、傷の長さは6〜7 mm程度です(丸を直線に縫合すると傷は長くなるため)。

粉瘤,脂肪腫,くり抜き法,福岡

ページTOPへ戻る

背中の粉瘤

背中の2cm大の粉瘤です、表面に小さな穴があります。4mmのトレパンで被膜も含めて切除しました、縫合の跡は目立ちません。

粉瘤,脂肪腫,くり抜き法,福岡

ページTOPへ戻る

鼻の下の粉瘤

鼻の下の2cmの粉瘤です、傷が目立つ部位ですので頑張って小さな傷(2mm)で摘出しました。

粉瘤,脂肪腫,くり抜き法,福岡

ページTOPへ戻る

施術料金(3割負担時)

部位と大きさによって施術料金が異なります。

露出部
〜2cm¥4,980
2〜4cm¥11,010
4cm〜¥13,080
非露出部
〜3cm¥3,840
3〜6cm¥9,690
6〜12cm¥12,480
12cm〜¥24,960

動画

粉瘤のくり抜き法の動画です、首の後ろに出来た粉瘤で以前、腫れた事があるため融着があり、被膜の一般的な粉瘤と比べてかなり肥厚いていため、摘出にとても苦労しました。赤く腫れたことのない粉瘤ではもっと簡単にとれます。

電話問い合わせ2.メール問合せ2

ページTOPへ戻る