星の原クリニックの林です、当院の色素ダイレーザーが 老朽化により出力が十分出なくなり、 新しいレーザーを導入することとなりました。
新しいレーザーはアメリカのキュテラ社の【Excel V】で、波長が532nmと1064nmの2波長のレーザーが出力が可能です。
赤アザや毛細血管拡張症の治療を得意として、原理上は595nmの【色素ダイレーザー】よりも【赤】に対する反応が高く、より良い治療成績が期待できます。
また1064nmを使用した【ジェネシス照射】では、機械本体に距離測定と温度センサーを内蔵してあるため、より安全、正確に施術が可能となりました。


⇒リンク EXCEL V

EXCEL V