ニキビ-原因と重症度判定

まずは原因と重症度判定 

微小面皰

毛穴が狭くなり、微小面皰ができます (ーー;) 、毛穴が狭くなった状態です、皮脂腺の排出が滞り、皮膚が厚ぼったく、毛穴が見立ち始めます。

 

 

生活週間改善
  • 食生活;甘いもの・油っぽ物はさけましょう、野菜をタップリと
  • 規則正しい生活、夜更かしはニキビの元
  • 洗顔をしっかりし毛穴が塞がるのを予防します
治療
  • ディフェリンゲル(皮脂腺の分泌抑制と表皮の角質を薄くします)
  • サリチル酸ワセリン(皮膚を薄くするピーリング作用と保湿効果があります)
  • ケミカルピーリング;クリニックでは赤みが出にくいマグコロールピーリングを実施しています。角質を取り除き、ニキビの出来にくくします。

【ドクターからのコメント】

クリニックには各種ピーリング石鹸をご用意しています、これだけでニキビが治った方がいりゃっしゃいます、どうぞお試しください。

 

ページTOPへ戻る 

面疱

毛穴が詰まると、白ニキビ・面皰(コメド)になります  (´~`;)、毛穴が詰まった状態です、面皰・コメドという酸化した皮脂腺の塊が皮内にできています、指で押すとニュルッと出てきます、肌は腫れぼったい状態になります。 

 

治療
  • 微小面皰と治療方法はあまり変わりません。
  • 基本はディフェリンゲルです。
  • 漢方薬の内服そろそろ考えます。

 

ページTOPへ戻る 

紅色面疱

毛穴に詰まった皮脂腺にニキビ菌が感染すると赤ニキビ(紅色丘疹)になります、毛穴が詰まった状態ですコメドにニキビ菌が感染して炎症が起こった状態です。 

 

 

治療
  • ディフェリンゲル;単独では力不足です
  • ディフェリンゲルが肌に合わないかたは過酸化ベンゾイルを使用します。
  • ダラシンゲル・アクアチムクリーム(外用抗生剤)
  • ミノマイシン・ルリッド(内服薬の抗生物質);短期間の内服がおすすめ
  • ニゾラール・アスタット(抗真菌剤);マラセチアというカビの一種が悪さをしている可能性があります、特に脂肌で赤みの強い人に!(マラセチア;油の好きなカビで、マラセチア毛包炎の原因菌です)。
  • 漢方薬;十味敗毒湯・荊芥連翹湯・清上防風湯・半夏瀉心湯などなど、相性が合えば抜群に効きます、体調が良くなったり副作用が殆ど無いのもまた良い。
  • ニキビダニが疑われる場合はメトロニダゾールの外用薬を使用します。

ページTOPへ戻る 

膿疱

膿と炎症を持ったニキビ(膿疱)(TдT)、炎症が進み、膿を持った状態のニキビです、治療せずに放置するとニキビ跡になり凹みます、今すぐ、星の原クリニックへGo! 

 

 

治療
  • 赤色丘疹と治療はそれほど変わりませんが積極的に内服薬の抗菌剤を使用します
  • ホルモン療法;男性ホルモンの作用のある薬を内服して頂きます、欠点はニキビに保険適応が無い、女性では内服中に約半数近くに生理不順が来ます(中止すれば元に戻ります)。
  • 低用量ピル;月経困難症や経口避妊薬として認可、使用されています。
  • レーザー;難治性のニキビにはアレキサンドライトレーザーが有効との報告があります、ニキビ菌の棲家、毛根ごと焼いてしまいます、美肌効果も◎。

【ドクターからのコメント】

治療せずに放置すると、瘢痕形成を起こします、すぐに治療を開始しましょう(3ヶ月間)

 

ページTOPへ戻る 

【ニキビ】目次
  1. ニキビとは
  2. 原因と重症度判定
  3. 各国治療ガイドライン
  4. 治療方法
  5. ディフェリンゲルの使い方
  6. 自由診療治療方法
  7. 薬による副作用の比較
No tags for this post.
サブコンテンツ

このページの先頭へ