埋没法より取れにくく、全切開法ほど腫れては困る方にお薦めです、小さい切開で挙筋腱膜(又は瞼板)と皮膚を糸で縫合します。内容は全切開法と同じですが、切開線がが小さくなります。

電話問い合わせメール問い合わせ

小切開法(部分切開法)とは

手術概要

上瞼の皮膚の二重のラインに沿って5〜6mm の小さな切開を加えてます 眼窩脂肪が多い場合は同時に眼窩脂肪を取ります 眼輪筋と瞼板又を挙筋腱膜糸で縫合糸ます、 全切開法とほぼ同じ作業を小さい切開線で行います。

埋没法+上瞼脱脂に似ています。中央に約5〜6mmの小さな切開が入ります、傷は数ヶ月でノーメイクでも分からなくなります、脂肪が多くとれた場合は腫れも少なく、瞼もスッキリしますので瞼の厚い方にはお勧めです。

  • 抜糸が7日後になります。
  • 切開線のメイクは抜糸後になります。

◎小切開法の利点

  • 出血が少なければ術後の腫れが少ないです
  • 一重に戻る確率はより少なくなります

×小切開法の欠点

  • 一重に戻る確率が全切開法に比べて若干高い
  • 上瞼の皮膚が厚い場合はあまりスッキリしません

【二重と目頭切開】目次

予約バナー

メール問合せ2

クレジットカードバナー