このページは星の原クリニック 院長 林俊(医学博士)が記載したものです。

粉瘤は癌になるの?

epidermalcyst粉瘤は表皮や毛包の組織が皮下に陥入して、袋状に垢・汗等の老廃物が貯まる病気です、当院で患者様に頻繁にご質問いただく質問に【粉瘤はガン化するのか?】というものです。

粉瘤が悪性化(ガン化)する可能性について

粉瘤からの皮膚がん(有棘細胞癌)の発生率は、0.011から0.045%と推定されて、極めてまれです。悪性化する原因については判明していませんが、炎症性の粉瘤が悪性化したという報告があります。統計上、下記の様な特徴があります。

  1. 平均年齢61.8歳(28〜96歳)
  2. 男性に多い(69%)
  3. 頭か首にできることが多い(54.8%)
  4. 平均の大きさ:5.0cm(0.7~20cm)
  5. 平均発症期間:92.6カ月(0.5~480カ月)

主な症状

  1. 疼痛(24.2%)
  2. 急速な嚢胞の拡大(48.6%)
  3. 紅斑、潰瘍、排膿などの皮膚の変化(38.2%)
  4. の症例は抗生物質治療に失敗(25%)

ただ、これらの特徴は炎症性粉瘤ではよくみられる症状の為、過度に心配する必要はありませんが以下のケースは病理検査を実施します。

病理検査が必要なケース

  1. 悪性変性の疑いが高い場合
  2. 嚢胞が痛み
  3. 急速な成長、皮膚の変化を呈している場合
  4. 感染したと思われる嚢胞が内科的治療に反応しない場合

福岡市、早良区の星の原クリニックでは、傷跡が少ないくりぬき法を用いた粉瘤の手術を行っております。

当院の粉瘤治療について詳しく知りたい方はこちら⇒