当ページではパット見では眼瞼下垂と区別がつきにくい病態について解説いたします、眼瞼下垂は自然治癒せず手術を行う必要があります。福岡で眼瞼下垂の手術を希望の方は当院の治療方法ページをご覧ください。

このページは星の原クリニック 院長 林俊(医学博士)が記載したものです。

偽性・眼瞼下垂とは

上瞼によって【瞳孔が隠れて視界不良】になのは眼瞼下垂と変わりませんが、【眼を開ける機能自体は保たれている】状態です。原因は2つあり【一重瞼】【上瞼皮膚弛緩症】です。

偽性眼瞼下垂の種類

【偽性眼瞼下垂】に【腱膜性の眼瞼下垂】が混在していることがあり、診断を難しくなります、ご高齢の場合は殆どの場合【上瞼の皮膚弛緩症と腱膜性の眼瞼下垂】が併発しています。

  1. 単純に一重瞼
  2. 一重瞼+眼瞼下垂
  3. 皮膚弛緩症
  4. 皮膚弛緩症+眼瞼下垂

皮膚の弛み(皮膚弛緩症)がない若い方の場合

まず、二重瞼の有無を確認します。【二重があり眼の開きが悪い】場合は③ 腱膜性の眼瞼下垂の可能性が高まります、【一重瞼で瞳孔が隠れている】場合は① 単純に一重瞼の確率が高く、埋没法などをお勧めします、まれに若い方で ②一重瞼に腱膜性や先天性の眼瞼下垂が合併している場合があり、プジー検査をしないと鑑別できません。

偽性眼瞼下垂

皮膚弛緩症がある場合

高齢者の場合は多くの場合、【上瞼のたるみ(皮膚弛緩症)】と【腱膜性の眼瞼下垂】の両方がおきています。皮膚を切除したり、眉下切開だけでは十分に症状が改善されないことがあります。

皮膚弛緩症

検査

問診とプジー検査により、上記の種類を鑑別できます

眼瞼下垂メインページ バナー