赤い丘疹と水泡、カサブタができ、しつこい神経痛が残ることがあります。

上記のような症状をお持ちの方は、帯状疱疹の可能性が考えられます。不安に思った方は福岡市早良区の星の原クリニックまで一度ご相談ください。

ページTOPへ戻る

帯状疱疹とは

  • 赤い斑点と小さな水膨れが特徴で、必ず左右どちらかに帯状に出現します。
  • 湿疹が出現する前にピリピリとした違和感や痛みを皮膚に感じ、その後皮膚に赤い斑点と水ぶくれが出現します。
  • 皮膚症状については1~2週間で症状が改善されますが、皮膚の症状が治った後も強い痛みが残る事があり、帯状疱疹後神経痛(PHN)と言われて高齢者で起こりやすくなっています。
  • 顔面や頭にも出来ることがあり、眼の周囲に出来た場合、視力障害を起こしたり、顔面神経の麻痺を起こしたりすることもあります。
  • 10歳以下の子供の約90%がかかる感染症です。
  • 日本人では80歳までに約3人に1人が帯状疱疹を発症するといわれています。

ページTOPへ戻る

原因

  • 原因は、幼少期にかかった水ぼうそうのウイルスです。
  • 水ぼうそうが治ったあとも、ウイルスは体内の神経節に長く間潜伏しています。
  • 加齢やストレス、過労などが引き金となってウイルスに対する免疫力が低下すると潜んでいたウイルスが再活動を始めて、神経を伝わって皮膚に到達し、帯状疱疹として発症します。

ページTOPへ戻る

発症年齢

60歳代を中心に50歳代〜70歳代に多くみられる病気ですが、過労やストレスが引き金となり若い人(小中学生)でも発症します。

帯状疱疹の発症年齢のグラフ

ページTOPへ戻る

治療法

  • 治療は、抗ヘルペスウイルス薬を中心に行われます、なるべく早く内服すると症状が軽くすみます、皮疹が出でから3日以内(遅くとも5日以内)に飲み始めるのが望ましいと言われています。
  • どの抗ヘルペスウイルス薬も内服期間は7日間となっています、腎臓に障害がある場合は薬の量を調節する必要があります。
  • びらんや水膨れがある部位は衣服を擦れると細菌感染しますので軟膏を塗ってガーゼなどを覆います。

抗ウイルス剤

ゾビラックス

古い抗ウイルス剤です、一日に5回内服する必要があり、現在ではあまり使われません。

先発品:3割負担で3,861円
後発品:3割負担で1,309円
バルトレックス

1日3回内服に改善されました、7日間します、腎臓機能が悪い場合は薬の量を調節する必要があります。

先発品:3割負担で5,260円
後発品:3割負担で2,176円
アメナリーフ

新しい薬で一日一回の内服です、後発品はまだありません、腎機能が悪い方にも使用できます、新しいお薬ですので割高です。

先発品:3割負担で6,706円

ページTOPへ戻る

注意点

  • 免疫機能が弱っていることが原因なおで、できるだけ安静と休養と睡眠と取りましょう。
  • 抗ウイルス薬は効果が現れるまで2日程かかります。自己判断で内服を中止いなしでください
  • 入浴は問題ありませんが、入浴後は清潔なタオルで軽く抑えるように水気をとり、処方された外用薬を使用してください。

ページTOPへ戻る

よくある質問

Q:帯状疱疹を予防することはできますか?

A:ワクチンを接種することで予防することができます、50歳以上が対象です、ワクチン接種を行うことによって、弱くなったヘルペスウイルスに対する免疫を強化しすることで帯状疱疹を予防します。ワクチン接種で帯状疱疹の発症率は50%減、帯状疱疹後神経痛に移行する割合は3分の1程度に減少すると言われています。

Q:帯状疱疹は家族や周りの人にうつりますか?

A:帯状疱疹は健康な人に伝染ることはありませんが、乳幼児・小児、水疱瘡にかかったことがない大人には伝染る可能性があるので、できるだけ接触しないようにしましょう。また、妊婦はうつった場合、重症化することもあるため妊婦さんには接触しないように注意してください。

Q:帯状疱疹は再発しますか?

A:帯状疱疹は通常一生に一回しか起こらないと言われて、稀に2度以上帯状疱疹になる方がいらっしゃいます。

ページTOPへ戻る