女性の両頬によく出来る茶褐色斑状のシミです、生活指導内服薬レーザーを組み合わせて治療します。

肝斑,福岡,レーザー

ページTOPへ戻る 

肝斑の原因

  • 女性ホルモンの関与が言われています。
  • 出産後の女性によく出来ます。
  • メイク時やメイクを落とす際の慢性的は摩擦が深く関係しています。
  • 皮膚の深い部位・真皮のダメージや炎症が根本的な原因と考えられています。

ページTOPへ戻る 

肝斑の良く出来る所

下の図の様に3箇所に出来ますが、圧倒的に多いのが①の頬骨〜頬の部位です。

肝斑,福岡,レーザー
  • 両頬〜頬骨
  • 前額部
  • 眉上〜側頭部

ページTOPへ戻る 

肝斑の治療

星の原クリニックでは肝斑の治療はレーザー、内服薬、外用薬、生活指導を組み合わせて行なっています。

肝斑の治療
  • 生活指導・メイク指導
  • トランサミンの内服
  • レーザートーニング・ピコトーニング
  • 外用薬
メイク指導・生活指導

特に擦らない、禁煙は特に大切です。肝斑の治療はスキンケアとタバコの影響を強く受けます

肝斑,福岡,摩擦
  • メイク指導;コットン等による摩擦厳禁です。
  • 禁煙
  • 紫外線予防
  • 保湿

ページTOPへ戻る 

肝斑の内服治療

トランサミンの内服は肝斑に対して一定の治療効果があります。

肝斑,福岡,内服,レーザー
  • トラネキサム酸・ビタミンC・ビタミンEを内服していただきます。
  • 内服出来ない場合はレーザーの治療成績が落ちます。
  • 心臓・血管に病気がある方、ピルを飲まれている方はトランサミンは内服出来ません。

ページTOPへ戻る 

レーザー治療
  • レーザートーニング・ピコトーニングを基本の施術としています。
  • 皮下・真皮に作用するヤグレーザーを使用することもあります。
  • 施術間隔は1〜4週間間隔です。
  • 治療の効果を見ながらレーザーの種類、出力や治療間隔を調節いたします。
NewImage

ページTOPへ戻る 

外用薬(星クリーム)

院内調剤の外用薬です、肝斑・シミに高い効果があります、レーザーと併用すると治療効果が高まります。

肝斑,外用薬,福岡

  • 市販品に比べて治療効果が高いです。
  • 濃度が3種類あります。
  • 治療期間は6週間〜24週間です。
  • アレルギーを起こす可能性があります。
  • 定期的な通院が必要です。

ページTOPへ戻る 

症例写真

治療前後の写真です、治療効果は個人差があります、あっという間に薄くなる場合となかなか薄くならない場合があります、レーザー治療単独では10〜20 %近く治療に反応しない肝斑があります。

頬の大きな肝斑

 

肝斑,福岡,レーザー,写真

 

治療前後の写真です、5回のレーザートーニングでシミはかなり薄くなりました。

ページTOPへ戻る 

右頬の肝斑
肝斑,福岡,レーザー,写真

 

右頬の肝斑の症例です、10回照射しました、肝斑で隠れていた赤みが目立つようになってきました。
星クリームとの併用
福岡,肝斑,レーザー,外用薬
肝斑様の頬のシミです、星クリームとレーザーの併用で1ヶ月でかなりキレイになりました。

ページTOPへ戻る 

予約バナー

メール問合せ2

ページTOPへ戻る 

NewImage