女性の両頬によく出来る茶褐色斑状のシミです、生活指導内服薬レーザーを組み合わせて治療します。

NewImage

ページTOPへ戻る 

肝斑の原因

  • 女性ホルモンの関与が言われています。
  • 出産後の女性によく出来ます。
  • メイク時やメイクを落とす際の慢性的は摩擦が深く関係しています。
  • 皮膚の深い部位・真皮のダメージや炎症が根本的な原因と考えられています。
  • よって肝斑には真皮の治療も必要です。
肝斑は他の「シミ」と異なり、強いレーザーを当てる酷くなる場合があり、再発や悪化しやすい「シミ」で簡単に治らず、治療の難しい「シミ」です。

ページTOPへ戻る 

肝斑の良く出来る所

下の図の様に3箇所に出来ますが、圧倒的に多いのが①の頬骨〜頬の部位です。

肝斑
  • 両頬〜頬骨
  • 前額部
  • 眉上〜側頭部

ページTOPへ戻る 

肝斑の治療

星の原クリニックでは肝斑の治療はレーザー、内服薬、生活指導を組み合わせて行なっています。

メイク指導・生活指導

特に擦らない、禁煙は特に大切です。肝斑の治療はスキンケアとタバコの影響を強く受けます

コットン
  • メイク指導;メイク落としの際のコットンは摩擦により皮膚の状態を悪化させますので厳禁です。
  • 禁煙;経験上、シミ治療の成績を著しく悪くします。
  • 紫外線予防;日頃から紫外線防止に努めてください。
  • 保湿:乾燥は痒み、発赤、色素沈着の原因となります。

ページTOPへ戻る 

肝斑の内服治療

トランサミン
  • 肝斑には内服薬でも一定の効果がありす、レーザー治療と平行して内服していただきます。
  • トラネキサム酸・ビタミンC・ビタミンEを内服していただきます。
  • 内服出来ない場合は治療成績が落ちたり、レーザーの副作用のリスクが高くなります。
  • 心臓・血管に病気がある方、ピルを飲まれている方は内服治療が出来ません。

ページTOPへ戻る 

レーザー治療

  • レーザートーニング・ピコトーニングを基本の施術としています。
  • 施術間隔は1〜4週間間隔です。
  • 治療の効果を見ながらレーザーの種類、出力や治療間隔を調節いたします。
NewImage

 

NewImage

 

NewImage

 

NewImage

 

NewImage

 

肝斑は単独で出来ることはほとんどなく、多くの場合他のタイプの『シミ』も存在します、そのため肝斑以外の『シミ』の治療も必要になります。

ページTOPへ戻る 

CD トレチノイン

 

レーザートーニングの治療法が行われる以前はトレチノインとハイドロキノンによる治療がよく行われていました、トレチノインは皮膚の代謝を上げてシミを薄くする作用がありまが赤みが強くでたり、皮が向ける等の副作用がありました、CDトレチノインはその改良版です。

  • トレチノインに比べて発赤や皮向けがすくない
  • シミに対する治療効果は変わりません。
  • お肌にあわせて2種類の濃度を用意しております。

ページTOPへ戻る 

症例写真

治療前後の写真です、治療効果は個人差があります、あっという間に薄くなる場合となかなか薄くならない場合があります、10%近く治療に反応しない肝斑があります。

頬の大きな肝斑

 

 

治療前後の写真です、治療前は両頬の広い範囲に「淡褐色のベッタ」としたシミ(肝斑)とそれとは別に左頬に「境界のハキリした円形に濃い」シミ(日光性色素斑)があります。5回のレーザートーニングでシミはかなり薄くなりましたが、まだ改善の余地があったため8回実施、本来の白い肌に戻りました。

ページTOPへ戻る 

右頬の肝斑

肝斑症例写真

 

右頬の肝斑の症例です、10回照射しました、肝斑で隠れていた赤みが目立つようになってきました、赤みはVbeamか1064nmのヤグレーザーで治療します。

レーザートーニングについて

ページTOPへ戻る 

[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
GREE にシェア