後天性真皮メラノサイトーシス(ADM)ページを更新しました。

治療に難渋していたのピコ秒レーザーの治療方法にメドが立ちましたのでADMのページを更新致しました。従来のQスイッチルビーレーザーでは術後の炎症性色素沈着が強く、術後のダウンタイムが大変で、またQスイッチヤグレーザーではダウンタイムが少ないのですが治療期間が長くなっていました、ピコ秒レーザーの照射方法を調節することで治療後の炎症性色素沈着が少なく、治療回数も少ない施術方法が確認出来ました。

⇒リンク

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on GREE

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ