両頬〜頬骨に好発する米粒大のややボヤケたシミです、レーザー治療でしか治りません。

  • 皮膚の深い部位(真皮)に出来るタイプのシミです。
  • ピコ秒レーザーの導入により治療期間が短くなりました。
  • 治療回数の目安は1〜3回です。

ページTOPへ戻る 

真皮にあるメラニン

一般のシミは表皮に存在しますがADMでは皮膚の深い部位(真皮)にシミがあります、原因は良く判っておりません。

遅発性太田母斑・ADMの写真  
両側の頬骨に境界が不明瞭な米粒大のシミがあります(左)。一般のシミのメラニンは表皮(皮膚の浅い部位)に存在しますが遅発性太田母斑は真皮に存在に存在します。

ページTOPへ戻る 

の良く出来る場所

好発部位は頬骨コメカミ下眼瞼内側です、その他にも出来ますが頻度は高くありません。

ADMの発症部位

 

  • 好発部位は①②③です
  • ③のADMは粒状ではなく斑状の色素沈着です
  • ①は肝斑の好発部位ですので高頻度で肝斑とADMの合併します。

ページTOPへ戻る 

治療

当院ではピコ秒レーザーで治療しています、以前使用していたQスイッチヤグレーザーに比べて著しく治療成績が向上しました。ピコ秒レーザー導入以前は治療期間がかなり長くかかりましたが、今は安心して治療が可能となりました。

  • 治療にはピコ秒レーザーを使用します。
  • 弱い照射と強い照射の二種類の照射方法があります。
  • 3〜6ヶ月に1回の頻度で治療します。
  • 治療回数の目安は強い出力の照射方法の場合は1〜3回です。
  • 弱い照射の場合は10回以上かかる場合があります。
  • 弱い照射方法では内出血や痂皮は出来ず、ダウンタイムはほとんどありませんが治療回数が増えます。
  • 強い照射方法では一時的に内出血やシミが濃くなることがありますが最終的には早く薄くなります。
  • 病変部が広い場合はまず狭い範囲のテスト照射を行います。

ページTOPへ戻る 

治療経過

治療経過は照射方法によって大きくなります。お勧めは強い照射方法です、弱い照射方法だと治療回数が多くなり、白抜けのリスクが高くなります。

  • 強い照射;カサブタが10日間できます
  • カサブタが取れた跡、一時的な、赤みとシミが出来ます。
NewImage

 

NewImage

 

NewImage

 

NewImage

 

NewImage

 

強い照射を2回、治療期間は6ヶ月間でした、かなり薄くなりましたがこの後3回目の照射を行いました。

ページTOPへ戻る 

右頬のADM

NewImage

 

右頬部の境界がぼやけた濃褐色の「シミ」、典型的な遅発性太田母斑です。一時的に戻りジミがでますが、いずれ戻りジミは薄くなります。右の写真は治療5年後の写真ですが再発はありません。

ページTOPへ戻る 

施術料金

施術料金はエリア別に設定しております。2回目以降は強く照射する場合と弱く照射する場合で施術料金が異なります。

料金ADM
  • 初回照射は1エリアあたり40,000円
  • 例えば、両頬に相当する③と④の場合は2エリアになるので80,000円になります
  •  2回目以降の施術料金は;強い照射の場合は半額の20,000円(1エリア)、弱い照射場合は10,000円(1エリア)

ページTOPへ戻る

[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
GREE にシェア