粉瘤・脂肪種のくり抜き法

 皮下腫瘍を3mm〜15mmの小さい傷で摘出します

はじめにcss

粉瘤と脂肪種はくり抜き方による手術を行っています、くり抜き法は従来に術式に較べて傷の長さが1/5以下になります、28年1〜6月の半年間の粉瘤・・石灰化上皮腫の手術件数は134件で、炎症で赤く腫れている粉瘤、粉瘤の被膜が周囲組織と癒着している場合はくり抜き法では治療出来ません。

黄色注意(白文字消し)css
手術の予約で混雑しています、大変申しわけございませんが粉瘤・脂肪種の手術はほとんどの場合で診察当日に施術不可能です、診察後に予約をして頂いた後の手術となります、ご了承ください。 また肛門周囲のしこりは肛門周囲膿瘍、痔瘻の可能性があるため肛門科の受診をお勧めいたします、当院では治療を行なっておりません、また術後も血腫や感染症の有無の確認と抜糸の必要があり手術日以外に1〜2回の受診が必要です。

ページTOPへ戻る 

表皮や毛包の組織が皮膚の深い部位(真皮)に陥入して、垢・汗等の老廃物が蓄積される病気です、多くの場合、中心に黒色の開口部があり、悪臭を伴う粥状の物質を排出します。粉瘤の治療で大切なのは被膜ごと取り除く事です、被膜が残ると再発します、以下の様ないろいろな呼び方があります。

  • 粉瘤
  • アテローマ
  • 表皮嚢腫
  • 類表皮嚢胞
粉瘤イラスト

ポイント青(白文字消し)css

傷はなるべく小さくなるように工夫は致しますがゼロではございません、また一週間後に抜糸が必要です、抜糸に来院出来ない方は大変申し訳ございませんが手術をお断りしております。また感染している粉瘤、深い粉瘤、被膜が癒着している粉瘤は傷が長くなります

ページTOPへ戻る 

切開線

一般的にはトレパンという皮膚生検の時に使用する、円形の刃が付いたメスの様な物を使用しますが、星の原クリニックでは炭酸ガスレーザーがありますのでこちらを使用して1mm~8mmの孔を正確に開けます。

トレパン CO2レーザー

ポイント青(白文字消し)css

3cm以上の皮下腫瘍の場合は4mmのトレパンを使用します、それより小さい皮下腫瘍では炭酸ガスレーザーを使用して、より適切な小さい穴を開けます。

ページTOPへ戻る 

脂肪種の症例

大きさが7cmの脂肪種です、古典的な切開線は灰色の線で切開線は腫瘍と同等または若干大きくなります、くりぬき方では粉瘤の場合は1~4mmで脂肪種の場合は大きさによって4~8mmの円形〜楕円形の切開線になります、今回は脂肪種が大きかったので中央の円形の大きさ8mmの孔を開けました。

切開線

ページTOPへ戻る 

脂肪種の症例(術中写真)

脂肪種は塊が大きいのでそのままでは小さな孔から摘出することが不可能です、鉗子などでほぐしながら引きずり出します。

脂肪種 くり抜き

解説グレー(白文字消し)css

崩しながらさらに引きずり出します。
脂肪種 くり抜き2

解説グレー(白文字消し)css

良性腫瘍の脂肪種は周囲組織との癒着が弱いためにこのような事が出来ます、悪性腫瘍の場合はこのような事は出来ません。

ページTOPへ戻る 

脂肪種の症例(縫合線)

腫瘍の大きさに較べてかなり小さい切開線となりました。

IMG 5149 JPG

ポイント青(白文字消し)css

粉瘤の場合は内容物を排出してから、被膜を摘出します、被膜は薄いので小さな孔からでも摘出できるため、摘出用の孔は1.5~4.0mmになります。

背中粉瘤の症例

背中の15mmの粉瘤です、過去に赤く腫れ上がった経緯がないことより周囲の組織と癒着はないと判断しました、癒着がないと被膜が簡単に取れます。

肩の粉瘤

ポイント青(白文字消し)css

粉瘤の治療においては被膜の切除は絶対です、被膜をキレイに取らないと再発します。
背中粉瘤の症例(摘出後)

切開は2mmの穴を炭酸ガスレーザーで丸い穴を開けました、長いあいだ皮膚が伸張されていたため皮膚が薄くな、色素沈着を認めます。本体の大きさに1/7の切開線です。

粉瘤摘出後・くり抜き

ポイント青(白文字消し)css

被膜を摘出しました、皮下にはやや赤みのある皮下脂肪と筋膜があります。
背中粉瘤の症例(摘出した被膜)

摘出した被膜です、中身が抜けてしぼんで写真ではよく判りませんが被膜の表面はツルッとしています。

被膜

解説グレー(白文字消し)css

この後、細い糸で縫合しました。

ページTOPへ戻る 

右頬の粉瘤の症例

右の小鼻の下の粉瘤です、大きさは8mm程度です、赤く腫れた事がないということですのでキレイに取れそうです。

術前写真
右 鼻前庭部粉瘤②

 

術中写真
IPhoto

 

鼻前庭部 粉瘤 被膜圧出

 

傷跡(術後1週間)

術後1週間に抜糸します、赤みが1~2ヶ月、シミが3〜6ヶ月出ますが最終的にはほとんど分からなくなります。

粉瘤抜糸

ポイント青(白文字消し)css

今回は1.5mmの穴を炭酸ガスレーザーで開けました、トレパンも便利なのですが種類を沢山そろえる必要があります。 1.5mmの丸穴を縫合すると直線になりますので長さは2mm程度になります。

ページTOPへ戻る 

4cmの背中の粉瘤

背中に出来た4cmの粉瘤です、トレパン4mmで皮膚切開を行いました。

術前
背部粉瘤

 

被膜の剥離

粉瘤はある程度大きくなると周囲の組織と癒着が生じます、引っ張りながら鋏で剥離します。

背部粉瘤

 

被膜を摘出

被膜を摘出しました、一部筋膜と癒着していました。

IPhoto

 

縫合

被膜を摘出後、消毒して傷を縫合します、傷の長さは6~7 mm程度です(丸を直線に縫合すると傷は長くなるため)。 

IPhoto

ページTOPへ戻る 

背中の粉瘤

背中の2cm大の粉瘤です、皮膚の浅い部位にあり、表面に小さな穴があり、まだ感染を起こしていません。4mmのトレパンで被膜も含めて切除しました、縫合の跡は目立ちません、長い間皮膚が伸ばされていたので色調とテクスチャが正常の皮膚と異なりますがいずれ目立たなくなります。

背中粉瘤 くり抜き
写真の様に浅い粉瘤の場合は小さい切開線で手術可能ですが、深い粉瘤や脂肪腫の場合は写真よりも切開線が長くなります。

ページTOPへ戻る 

鼻の下の粉瘤

鼻の下の2cmの粉瘤です、傷が目立つ部位ですので頑張って小さな傷(2mm)で摘出しました。

粉瘤 くり抜き法
小さい穴から被膜もしっかり摘出しました。いつもこの様に小さい傷で出来るわけではございません、小さい傷で摘出するには粉瘤が浅い部位にあり、皮膚が薄い、被膜が癒着していない、炎症がない事が必要です。

ページTOPへ戻る 

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on GREE

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ