はじめに

一度取れたシミが再び出て来る現象、いわゆる『戻りジミ』です、患部の摩擦を避け、保湿と紫外線対策でほとんどの場合6ヶ月で消えます。 
せっかく取れたシミが『すぐに出てきた』と患者さんに取ってはかなりガッカリな出来事です、世界中のレーザー治療を実施している医療機関が対策を研究していますが、未だにPIHを予防出来ずにいます。

レーザー治療後のPIHとは

レーザーで治療した場合、シミの色素粒子がレーザーにより破壊される際に周囲に熱と衝撃波を放出します、その結果周囲に炎症が起き、一過性のシミが発生します。

スクリーンショット 2016 06 21 14 30 40 png
レーザー治療後にPIHを発症するかどうかは、体質的な問題、レーザーの反応が強すぎた場合が考えられます。レーザーの出力を低く設定すればPIHは多くの場合予防できますが、そうするとシミが取れない、再発するというジレンマがおこります、ほとんどの場合6ヶ月経てば自然に消えます。

ページTOPへ戻る 

の頻度

  • 1ヶ月で40%
  • 3ヶ月で11%
  • 6ヶ月で1%以下
半数近くの患者さんで短期間のPIHがでます、ほとんどの場合で半年でPIHは自然に消失しますが極稀に2年近くのこります(偉い先生談)。
レーザー照射後のPIHの経過
  • レーザー照射
  • 7~10日間、痂皮ができます。
  • 痂皮がとれ後ピンク色の肌が見えます。
  • 痂皮の取れた跡の赤みが強い場合はPIHが起こりやすい
  • 痂皮が取れた後にまだシミが残っていた場合はPIHではなくシミの取り残しですのでその場で再照射いたします。
  • PIHピークは1ヶ月です、その後時間とともに薄くなります。
  • PIHがひどい場合はレーザートーニングかCDトレチノイン軟膏を使用することがあります。

 

半年経過してもシミが残っている場合はPIHではなくシミの取り残しになりますので再照射します、また喫煙者はPIHが高率で発生します、シミの治療中は禁煙をお願い致します。

ページTOPへ戻る 

PIHの予防

保湿紫外線予防が基本です、治療後の新しい皮膚は薄くか弱いです、乾燥や刺激に脆弱です、保湿とUVケアを徹底してください。

治療部位の安静

レーザー治療部位は若干痒いです、擦りたい気持ちは理解できるのですが摩擦はPIHの原因tなります、また化粧を落とす時も擦らずに優しくお願いいたします。

予防的レーザートーニング

痂皮が取れた皮膚が薄くシミが出来やすい状態になっています、同部位の色素細胞(メラノサイト)の働きを抑制するためにPIHの出来やすい一ヶ月間、毎週レーザートーニングを行うことがあります。

保湿

治療後の皮膚は生まれたてのため薄く乾燥に弱いです、こまめにしっかりと保湿してください。

紫外線防止
治療後2〜3ヶ月間は紫外線の予防は必修です、この時期に日焼けしますと取れにくいシミ、遅発性太田母斑ができることがあります。
CDトレチノイン
皮膚の代謝を上げてシミを薄くする軟膏です、PIHに使用することがあります、他のトレチノイン製剤に比べて赤みや乾燥の程度が軽く日常生活に困りません。
禁煙
タバコは活性酸素を誘導し、皮膚にダメージを与えます、当然お肌に良くありません、シミ治療中は禁煙をお願い致します。

ページTOPへ戻る 

PIHもどき

PIHと異なり6ヶ月以上経過しても薄くならないタイプの『戻りジミ』があります、残念ながら表面から診察しただけでは判別しません、取れにくいシミ顕微鏡写真で見ると表皮の底の形がいびつで、表皮突起が真皮に深く入り込んでます。

下書きノート pages

 

右の『出芽タイプ』の表皮はシミが再発しやすいく、深いシミを治療するため高出力のレーザーを照射致します。
Budding type epiderum

 

『PIHもどき』のシミは治療により一見取れた様に見えますが、深い部位にあるシミが取りきれておらず、そこからシミが再発してきます、PIHと異なり時間が経過しても薄くなりません、高出力での再照射が必要になります。

ページTOPへ戻る 

[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
GREE にシェア