【肝斑】や【PIH】が出来やすい方に

【マルチパス照射】は【小範囲の肝斑】に対する当院独自の照射方法で2021年秋頃より、【効果】と【安全性】を検証してきました。検証の結果、従来の【レーザー(ピコ)トーニング】より治療効果が高く、安全性も劣らない事がわかりました。

以下の内容は院長の林が執筆しています「文責:星の原クリニック院長 医学博士 林 俊」

【肝斑治療は紫外線予防】【トランサミンが内服】【摩擦防止】最重要です、これら出来ない場合は、治療しても肝斑は薄くなりません。

マルチパス照射の適応となる【シミ】

  1. 小範囲の肝斑
  2. PIH(炎症性色素沈着)
  3. PIHを起こしやすい方の【シミ】治療

治療にあたって大切な事

【肝斑】【PIH等の難治性のシミ】は日頃のスキンケアがと治療後の管理がとても大切です、管理がおろそかだとシミは改善せず、場合によって悪化します。

  1. 紫外線ケア:最も大切です!
  2. 保湿
  3. トラサミンの内服
  4. 施術後の軟膏の塗布:しっかり塗らないとシミが濃くなります!
  5. 本照射前に【テスト照射】を行うことがあります
スキンケア、トランサミンの内服が場合はが困難、【シミ】が悪化するリスクが高いため、施術をお断することがございます

使用機材

PicoWay

  1. ピコレーザーのPICOWAYを使用します
  2. 532nmの波長を使用します
  3. 星の原クリニックの独自の【設定】を使用します

治療の流れ

  1. 冷却
  2. レーザー照射
  3. 冷却
  4. 軟膏塗布
  5. 透明フィルム添付
  6. 照射部位に【薄いカサブタ】【赤み】【ムクミ】が出ることがあります
  7. 照射後1ヶ月、【軟膏】を塗布します(塗らないとシミが濃くなります!)
  8. 1〜4週間かけて、徐々に【シミ】が薄くなります

広範囲の肝斑について

繊細な照射のため、広範囲の肝斑の治療には適していません、広範囲の肝斑に関しては従来の以下の治療法を行っています。

  1. 日頃のスキンケア
  2. レーザー(ピコ)トーニング
  3. ゼオスキンヘルス
  4. トランサミンの内服

症例写真

いずれも頬骨上にある、難治性の【肝斑】、【肝斑上にあるシミ】です。

マルチパス

マルチパスによるシミ治療
【使用機材】PICOWAY
【リスク】シミの悪化・熱傷・びらん
【治療間隔・回数】1〜3回
【施術料金】税込み¥33,000円(1エリア)

マルチパス

マルチパスによるシミ治療
【使用機材】PICOWAY
【リスク】シミの悪化・熱傷・びらん
【治療間隔・回数】1〜3回
【施術料金】税込み¥33,000円(1エリア)

施術料金

施術後に厳密な管理が必要なため、一度に広範囲の治療は行いません。

1エリア(点線で区切られた範囲):¥33,000(税込み) 下書きノート pages