刺青除去の症例写真

以前はナノ秒ヤグレーザーのMedlite C6を使用していましたが28年8月以降は最新型のピコ秒レーザーのPicoWayを使用しています。ピコ秒は格段に治療成績がよく、また3波長を使い分ければほとんど全ての色の刺青治療に対応出来るようになりましたが、以下の治療後の合併症は完全に克服できていません。

  • 炎症性色素沈着(治療部位の一時的なシミ)
  • 肥厚性瘢痕(ケロイド)
  • 白斑(白抜け)
炎症性色素沈着や肥厚性瘢痕は体質による個人差が多く、施術前の完全な予測は不可能です、色抜けの白斑は刺青の治療の終了後に気にあるようであれば対応可能です。

ページTOPへ戻る 

背中の単色刺青 使用機材Mediate C6 ⇒ (治療中)

プロの彫り師の背中全体の刺青です、ナノ秒ヤグレーザー8回、ピコレーザー1回実施しました。Kirby-Desai Tattoo Removal Scaleによる治療回数の目安はナノ秒レーザーでは12回、ピコ秒レーザーでは7.2回になります。

刺青 ピコレーザー

解説グレー(白文字消し)css

腰から臀部のでは治療後刺青のインクはかなり薄くなっているのですが、治療による炎症性色素沈着の褐色の模様が目立ちます、炎症性色素沈着はほとんどの場合1〜2年で薄くなります。

ページTOPへ戻る 

大腿の多色刺青  medlite C6 ⇒PicoWay

トラの刺青ですイエロー、グリーン、レッドが入っているマルチカラーです、最初の7回をナノ秒レーザーを照射、8回目はを照射しまし合計8回の照射を実施しました。

PicoWay ピコウエイ

 

12回照射後

ナノ秒レーザーを8回ピコ秒レーザーを4回照射しました、まだ緑の墨に良い785nmは稼働していませんが、緑も少しずつ薄くなっています、赤と黄色はピコ秒レーザーの532nmが抜群に効きます、ただし白抜けしやすいので注意が必要です。

PicoWay マルチカラー 刺青 タトゥー

 

ピコ秒レーザーはマルチカラーの刺青に絶大な効果を発揮します、今まで苦手としていた赤・黄色・淡い青・緑に532nm、785nmを使用することで短い治療時間で刺青を薄く出来ます。(785nmは28年10月稼働予定)

ページTOPへ戻る 

大腿の多色刺青 Mediate C6 ⇒ ピコレーザー

多色の般若の刺青です、治療前とナノ秒ヤグレーザーを7回、ピコレーザーを2回照射しました。

刺青除去 マルチカラー PICOWAY

 

黒系の刺青はすでにかなり判らなくなっています、緑とオレンジ系の刺青がまだ残っています、緑は785nmの稼働後にすみやかに薄く出来そうです。注意点としては写真の白の刺青のように、白・肌色・茶色・紫などの刺青は一度、色が黒系に変色して色彩が濃くなります、その後徐々に薄くなります。

ページTOPへ戻る

肩〜上腕の刺青 (medclite C6 ⇒ PicoWay治療中 )

他院ですでに14回治療後の肩の刺青です、治療部位がすでに熱傷様の瘢痕になっていました。

ピコレーザー 刺青除去 ピコレーザー

 

肩刺青 ピコ秒レーザー PicoWay

 

他院でアレキサンドライトレーザーによる治療を14回治療後に当院にご来院、レーザーのパルス幅は不詳です、治療部位が来院時すでに熱傷様の瘢痕となっております、ナノ秒ヤグレーザー2回、ピコレーザーを照射しました、刺青は順調に薄くなっています、刺青治療が一段落つけば、瘢痕の治療を予定しています。

ページTOPへ戻る 

背中の刺青(マルチカラーPicoWay治療中)

背中の4色のマルチカラーの刺青ですKirby-Desai Tattoo Removal Scaleでの予想治療回数はナノ秒レーザーでは16回、ピコ秒レーザーでは10回ですが、そもそもナノ秒では緑や淡青は取れない事が前提となっています。

PicoWay
従来のナノ秒Qスイッチレーザーが苦手としていたマルチカラーの刺青です、まだ青・緑に強い785nmの波長は稼働前で、532nmと1064nmで6回の治療で淡青以外のインクはほぼなくなりました。7回目からは稼働始めた785nmの波長を使用します、785nmは世界初の波長なので今後効果の程を確認して行きます。

ページTOPへ戻る 

上腕の刺青 使用機材PicoWay(治療中)

肩の単色の刺青です、Kirby-Desai Tattoo Removal Scaleでの予想治療回数はQスイッチレーザーでは11回、ピコ秒レーザーでは7回です。

IPhoto
肩の単色の刺青です、PicoWayで6回治療致しました、刺青のインクはほぼなくなっています、シミがまだ目立ちますあいずれ薄くなります。

ページTOPへ戻る 

下腿の単色刺青 :使用機材 Mediate C6 ⇒ PicoWay(治療中)

下腿の刺青です、黒一色に見えますが実は白色が入っております、Kirby-Desai Tattoo Removal Scaleによる黒色部位の治療回数の目安はナノ秒レーザーでは12回、ピコ秒レーザーでは7.2回になります。白色の刺青は一度黒色化してから薄くなっていきますが、治療回数はおおくなります。

PicoWay 刺青
下腿の単色の刺青です、5回目以降にナノ秒のPicoWayに変更してから急速に薄くなりました、茶色部位は炎症性色素沈着によるシミで自然に薄くなります、一部白抜けも有りますが経過は順調です、非常に分かりにくいのですが尻尾の先端と虫体の光沢部位に白のインクが使用されており、治療部位は濃くなっていますが、治療を継続すると薄くなってきます。

ページTOPへ戻る 

肩の単色の刺青

肩の単色の刺青です、5回照射後です、Kirby-Desai Tattoo Removal ScaleではQスイッチレーザーでは10回、ピコ秒レーザーでは6回程度の治療回数になりそうです。

PicoWay 刺青除去
肩はケロイド・肥厚性瘢痕が出来やすく慎重にレーザーの出力を決定します、出力が強すぎと肥厚性瘢痕・ケロイドになったり、また炎症性色素沈着(シミ)、白斑(白抜け)の原因になります、上記の症例では合併症は認めません、一部白斑を認めますが気になるようであれば当院では対応可能です。

ページTOPへ戻る 

両肩の黒赤2色の刺青(PicoWayで治療中)

両肩の深い刺青です、ナノ秒ヤグレーザー7回、ピコレーザー3回実施しました、刺青のインクが深く、濃く、幅広いタイプは治療に時間がかかります、また治療後の炎症性色素沈着(シミ)が起こりやすく、照射部位の瘢痕のリスクも上がります。

IPhoto
IPhoto
刺青はかなり薄くなりましたがシミが目立ちます、今後はシミの治療を行いながら治療を継続して行きます、まだまだ薄くなります。盛り上がっている部位は刺青治療が一段落ついてから行う予定です。

ページTOPへ戻る 

肩の刺青

左の肩の単色の刺青です、治療前と3回治療後の写真です。

IPhoto
3回 PicoWayで治療致しました、刺青自体は順調に薄くなってきていますが治療による色素沈着を小さな脱色素を認めます、シミは自然に薄くなりますので、墨の残っている部位にのみ照射します。

ページTOPへ戻る 

左上腕内側の刺青

5回PicoWayで治療を行なった左上腕の刺青です、患者さんのご希望で一部のみの治療です。

PicoWay 刺青
一部白抜けがありますが色素沈着も軽度で順調な経過です、ピコ秒レーザーと従来のナノ秒レーザーとの違いは刺青が薄くなって来てから大きくなります。

ページTOPへ戻る 

上腕の単色刺青(5回照射) 使用機材PicoWay

上腕の刺青です、Kirby-Desai Tattoo Removal Scaleの計算ではQスイッチレーザーの治療の場合は10回、ピコ秒レーザー治療では6回程度の治療回数です。

IPhoto
順調に刺青が薄くなっています、茶色の色素沈着はありますがしろ抜けや肥厚性瘢痕はありません、治療を継続すると更に薄くなっていきます。

ページTOPへ戻る 

腕のマルチカラーの刺青(5回照射)

腕の多色の刺青です、Kirby-Desai Tattoo Removal Scaleの計算ではQスイッチレーザーの治療の場合は13回、ピコ秒レーザー治療では8回程度の治療回数です。

PicoWay 写真
6回目からは785nmの波長を使用しました、緑以外は順調に薄くなっています、治療部位全体に毛細血管拡張による軽度の赤みがあります、赤みが残るようであればパルスダイレーザーかヤグレーザーを照射します。

ページTOPへ戻る 

下腿の単色刺青

下腿の素人の刺青です、Kirby-Desai Tattoo Removal Scaleの計算ではQスイッチレーザーの治療の場合は9回、ピコ秒レーザー治療では5.4回程度の治療回数です。

PicoWay 刺青除去
3回の照射でかなり薄くなりました、褐色のシミがありますが自然に薄くなります。

ページTOPへ戻る 

【刺青・】目次
  1. PicoWay(ピコ秒レーザー)
  2. 刺青・タトゥー除去 
  3. 症例写真
  4. 施術の流れと治療代金
  5. 治療回数の目安
  6. 刺青治療のQ & A
  7. ピコフラクショナルレーザー(Resolve)

ページTOPへ戻る 

サブコンテンツ

このページの先頭へ