PicoWay

今でこそ当たり前になったピコレーザーですが、【PicoWay】は2015年発売のレーザーで、当院では翌年の2016年7月に購入、購入時まだ日本には数台しかありませんでた、当ページでは日本国内では使用経験が長い院長の林がピコレーザーに関してのこぼれ話を記載いたします。

以下の内容は院長の林が執筆しています「文責:星の原クリニック院長 医学博士 林 俊

当院のピコレーザー【PicoWay】の特徴

  1. 2015年発売のレーザー界では新しいレーザーです
  2. アメリカの【シネロンキャンデラ】の製品です
  3. 2020年に薬事承認されました
  4. パルス幅(照射時間)がナノ秒レーザーより短いです
  5. 532,785,1064nmの3波長が出力可能です
  6. 532,1064nmの2種類のフラクショナルピコレーザー【リゾルブ】が可能です

タトゥー治療では【無双】ただし3波長に限る

【ピコレーザー】は刺青治療に関しては過去の【ナノ秒レーザー】とは雲泥の差があり、全く勝負になりません、しかしながらピコレーザーと言えども【マルチカラー】に対応するにはかならず【3波長】必要です。⇒ピコレーザーの刺青治療へ

PicoWay_マルチカラー_刺青_タトゥー.jpg

ピコレーザーによるタトゥー治療
【使用機材】PicoWay
【リスク】熱傷・瘢痕・白抜け・水疱形成・皮膚感染症
【治療間隔・回数】1〜3ヶ月で合計21回(内12回は旧型のナノ秒レーザー)
【施術料金】税込¥770,000(右大腿)

バナー制作 pages

シミ治療での挫折 (T_T)

ピコ秒レーザーは刺青治療の目的として開発された経緯と、過去にない新しいタイプのレーザーであったため、2016年当時はシミ治療の経験・データーが乏しい状態でした(特にアジア人のデーター)、メーカーの初期設定でのシミ治療を開始しましたが...

23279606

  1. 【シミ】半数で取れませんでした
  2. 複数の治療が必要でした
  3. 治療の結果が予測出来ませんでした
  4. 【シミのレーザー治療】を以前のナノ秒レーザーに戻しました
  5. 他の医療機関でも【ピコ秒レーザー】をシミ治療に使用しない報告が上がる

小さな工夫を積み重ねて激変!

太陽イラスト

一度はピコレーザーでの【シミ治療】を諦め、しばらくは【刺青治療専用機】となっていました。刺青治療の抜群の効果を見るにつれて、工夫と設定変更で【化ける】のではと思い試行錯誤を続けました。

  1. 照射出力の設定値を変更しました
  2. 照射時にシミにのみレーザーが反応するよう【独自の工夫】をしました
  3. 照射直後からのクーリング
  4. 照射後【戻りシミ】予防の外用薬

今では【シミ治療】のメインマシンに!

一般的な【シミ】では以下のよう劇的に改善されました

  1. 薄いシミでも取れる
  2. ほぼ1回でシミが取れる
  3. 治療結果が予想できる
  4. 戻りシミ(PIH)がすくない

スポット治療バナー

ピコトーニング

肝斑のレーザー治療【レーザートーニング】の新世代と皆の期待を一身に背負いデビューとなりましたが、正直あまり変わらない?ゆっくり・マイルドに効果が出るイメージです。 考え中

  1. レーザートーニングとあまり変わらない
  2. どちらかと言うと反応がマイルド
  3. 5回治療以降にシミが薄くなってきます

ADM治療

ADM治療前

【晩発性メラノサイトーシス(ADM)】は深いシミです、ピコレーザー導入前は当院では【NdYAGレーザー】のQスイッチで治療していました、当時の標準的なスケジュールでは半年に1回で5回以上とあり(3年以上かかる〜)、むちゃくちゃ時間と手間がかかり、治療効果も不安定でした 。今は殆どのケースで治療間隔3〜6ヶ月で治療回数は1〜2回、ほぼ全ての方でハッキリとした効果があります。

  1. ADMは以前は大変取りにくいシミでした
  2. 当院は独自の設定で照射しています(大切)
  3. 照射後、待ち時間があるのですが自然と薄くなります
  4. 治療成績が安定しているので安心してお勧めできます

ADM治療バナー

フラクショナル・ピコレーザー【リゾルブ】

Resolve

【肌質改善効果】が強い施術です、小じわ、ハリ、難治性肝斑に使用します、当院の福利厚生でスタッフに行う施術の中で人気のメニューです、【ゼオスキン】など外用薬がアレルギーで使用できない、ダウンタイムが駄目な方にもお薦めです。

リゾルブのバナー

【532nm】と【1064nm】
シネロンキャンデラ社のピコフラクショナルレーザーは実は【532nm】【1064nm】の2種の波長があります、よく使用するのは【1064nm】と言うかほぼ1064しか使用してません、【532nm】は痛いし・炎症性色素沈着が出来やすいしで....使い道が(T_T)

マルチパス照射で肝斑治療をブレイクスルー

グッジョブ 肝斑の治療に長いあいだ困っていました、【スキンケア指導】【外用薬】【内服薬】【レーザートーニング】いずれも時間がかかる、回数がかかる、2割り程度で効果がないなど、肝斑治療は実に難しく、特に頬骨近辺の肝斑は迂闊にレーザーを照射すると【悪化】【白抜け】する事がありまいた

マルチパスの照射コンセプト

肝斑部はシミが出来やすい状態にあり、刺激厳禁です、迂闊に強いレーザーを当てると痛い目にあいます、でも出力が弱いとシミが取れないと言うジレンマに苦しみます、以下の事を考えてレーザーの照射設定をデザインしました。

  1. シミのメラニンにのみ反応
  2. 反応が強すぎない弱すぎない
  3. 衝撃波を出さない
  4. 熱を出さない
  5. とにかく炎症を最小限に!

大幅に改善!

【内服】【外用薬】【レーザートーニング】【リゾルブ】で改善されなかった肝斑に、極めて慎重に治療を開始しました。

マルチパス照射

ピコレーザーによるマルチパス照射
【使用機材】PicoWay
【リスク】熱傷・シミの悪化・白抜け・水疱形成
【治療間隔・回数】1回
【施術料金】税別込¥33,000円(1エリア)
  1. 他の治療で取れなかった肝斑が改善した
  2. 治療回数、期間が短い
  3. しっかりと管理れば肝斑が悪化しない事が確認できた!
  4. ただし、細かい操作なので広範囲の照射が難しい
  5. 当院の肝斑の治療成績が大幅に改善しました。

肝斑パルチパスバナー

まとめ

笑顔

革新的な機材ですがメーカー設定だけでは、【いまいち】でした。照射方法・各種設定・施術の管理方法の改善で【超イケてる機材】に変身しました

シミのメインページへ 肝斑パルチパスバナー 肝斑バナー シミ治療の予約 バナー