ヤグレーザー・色素レーザーによるイボ治療

YAGレーザーと色素レーザー

 一回の治療での完治率はサージトロンに比べて劣りますが、ヤグレーザーと色素レーザーによるイボ治療では、術後の疼痛と管理の煩雑さは大幅に軽減されます

ヤグレーザー vs 色素レーザー

双方とも赤アザの治療に使用されるレーザーです、皮膚の薄い部位は色素レーザー(パルスダイレーザー)、皮膚の厚い部位はヤグレーザーを使用します。

  • 皮膚の厚い部位にはヤグレーザー
  • 皮膚の薄い部位には色素レーザー
  • ヤグレーザーはレーザーが深くまで届くので水疱ができやすい
  • 色素レーザーは皮膚の浅いイボによく効きます。
YAGレーザー色素レーザー
特徴 皮膚の厚い
部位イボに
皮膚の薄い
部位のイボに
1回完治率80%80%以下
治療回数
の目安
1〜4回1〜7回
麻酔の有無ありなし〜あり
術後のケアかさぶた、水疱かさぶた
術後の
痛み
☆☆〜
☆☆☆☆
☆☆
傷跡なし〜ありなし
利点術後の管理が
比較的楽
合併症が
少ない
欠点サージトロンと
比べると治療成績が
不安定
深いイボに
効果が弱い.
治療回数が
多い

ヤグレーザーによるイボ治療

GENTLEMAX

ヤグレーザーによる尋常性疣贅の論文は多数発表されていますが、多数の設定や照射方法があり、治療成績もかなりバラツキがあります、代表的な論文として2009年の韓国の論文がインターネットで公開されています(Long-Pulsed Nd:ヤグ Laser Treatment of Warts: Report on a Series of 369 Cases)。

タイプ別の治療回数(ヤグレーザー)

YAGレーザーの部位別治療回数


J Korean Med Sci 2009; 24: 889-93より

爪周囲(ヤグレーザー)

  • 1回:64.7%
  • 2回:16.1%
  • 3回:13.2%
  • 4回:1%

手掌足底(ヤグレーザー)

皮膚が厚く、一番治療が難しい手掌と足底部の治療回数です

  • 1回:44.1%
  • 2回:22%
  • 3回:13.2%
  • 4回:9%

タイプ別平均治療回数(ヤグレーザー)

平均治療回数は爪周囲は1.5回、手掌・足底のイボの平均治療回数は約2回になります。

タイプ別平均治療回数



J Korean Med Sci 2009; 24: 889-93より

ヤグレーザーによるイボ治療の症例写真

GENTLEMAX

足底部の多発性のイボ(ヤグレーザー)

3年前から、右の足の底にイボができ、近所の皮膚科で液体窒素の治療を3回受けたが改善されませんでした。右大小のイボが散らばっています、範囲が大きすぎるため一度に取ることは諦め、まず丸で囲んだ部位をヤグレーザーで治療しました、黒いマジックは総合病院の形成外科で植皮による治療を提案された際の目印です

イボ,疣贅,レーザー,写真

〈術後5週間〉

傷はまだ完治していませんが再発は認めません、未治療部のイボは消失するか小さくなっていました。

5週間後

母趾のイボ治療(ヤグレーザー)

現役の運動選手のため、足に深い傷を作ることが出来ませんでしたのでヤグレーザーで治療しました、。

1回照射後

イボ,疣贅,レーザー,写真

2回照射後

イボ,疣贅,レーザー,写真

ヤグレーザー治療の問題点

  • イボの厚み・水分量・血流の違いによりレーザーの効き具合に違いが出てきます。
  • 効きすぎるとサージトロンより深い傷になることがあります。
  • 効きが弱いと完治しません。
  • 多くの論文が発表されていますが治療成績にかなりバラツキがあります、治療成績が一定しない。
  • サージトロン同様に麻酔が必要です。

色素レーザーによるイボ治療の症例写真

皮膚の薄い部分のイボの治療に適しています、サージトロンやヤグレーザーに比べて痛みが少なく治療後の管理が楽です。

Vbeam

指の爪周囲のイボ治療(色素レーザー)

イボ,疣贅,レーザー,写真

足底部のイボ治療(色素レーザー)

イボ,疣贅,レーザー,写真

足底部のイボ治療(色素レーザー)

足底部の厚みのあるイボです、丁寧に角質を除去してから色素レーザーの治療を3回行いました。

イボ,疣贅,レーザー,写真

小児の手掌のイボ(色素レーザー)

小児男児の手の平のイボです、うまくいけば写真のように一回の治療で治ります。

色素レーザー ウイルス性イボ

【尋常性疣贅・ウイルス性イボ】目次

電話問い合わせ2.メール問合せ2