Medlite C6(Qスイッチレーザーヤグレーザー)

 Qスイッチ付きヤグレーザーです、照射条件を変えることで様々なシミや刺青の治療に使用できます。

Medlite C6

ページTOPへ戻る 

特徴

Qスイッチ付きヤグレーザーです、532nmと1064nmの2つの波長のレーザーを照射可能です、一般的な「」から入れ墨まで、更に今までは難しかった肝斑のレーザー治療を行えます。  

  • 532nmと1064nmの2種類の波長が照射可能。
  • 肝斑の治療としてレーザートーニングが可能。
  • 他のナノセカンドQスイッチレーザーに比べて刺青治療に適している。

ページTOPへ戻る 

MedliteC6の治療対象

下記の様々のシミ治療に使用します。 

ページTOPへ戻る 

Mediate C6による施術の種類

波長と出力を調節することで以下のような様々な治療モードがあります、肝斑の治療に使用するレーザートーニングが有名です。 

(低出力のレーザー照射)

Medlite C6を有名にした治療モードです、肝斑や顔全体に広がった広範囲のシミの治療に使用します、低出力レーザーで炎症を起こさずにゆっくりとシミを薄くしていきます、ダウンタイムはほとんどありません。 

レーザートーニング
レーザートーニングはカサブタ等が出来ない低出力のレーザーを肌全体に照射する方法です、肝斑の治療に応用され一世を風靡しました、短期間で肝斑や細かい散在性のシミが薄くなってり、地肌が白になる事も珍しくありませんでした、その後、世界的にレーザートーニングの症例が増えるにつれて、治療効果がでない、白抜けする、シミが濃くなる等の副作用が報告されるようになりました。当院でも施術回数が増えるのつれてレーザートーニングで効果が得られない症例が散見されるようになりましたが、注意深く観察し、照射することによりシミが悪化したり、白抜けした症例は初期に2例のみでそれ以降は発生していません。現在はレーザートーニングで効果が不十分と判断した場合は他のレーザーに切り替えております。

 

トーニング治療

ページTOPへ戻る 

Qスイッチヤグレーザー(高出力モード)

Qスイッチレーザー 高出力モード
532nmと1064nmの二種類の波長を出力可能です、シミの種類で使い分けます、真皮にあるシミ後天性真皮メラノサイトーシス()には785nmのピコ秒レーザーの方が治療成績が優れています。基本的には10日間のカサブタや小さな内出血がおこります。

ページTOPへ戻る 

治療機材・その他 シミの種類 治療方法
  1. レーザー治療の入口
  2. レーザー治療料金表
  3. PicoWay(刺青)
  4. PicoWay(フラクショナルモード)
  5. Medlite C6
  6. Gentle Max(長波長レーザー複合機)
  7. Vbeam(色素レーザー)
  8. Co2RE(フラクショナルレーザー)
  9. VTRAC(NB紫外線治療器)
  1. 局所型のシミ
  2. 散在型のシミ
  3. 脂漏性角化症
  4. 肝斑
  5. 後天性真皮メラノサイトーシス(ADM)
  6. 刺青(Tattoo)除去
  7. 赤ら顔・赤アザ
  8. 炎症性色素沈着(PIH)
  1. トータルケア(おまかせ10回コース)
  2. レーザートーニング
  3. Qスイッチレーザー
  4. レーザーフェイシャル
  5. ピコフラクショナル(Resolve)
  6. レーザータイトニング(ジェネシス)

 

ページTOPへ戻る 

サブコンテンツ

このページの先頭へ