Qスイッチレーザーによる治療

非常に短時間の間に高いピークパワーでレーザーを照射する方法をQスイッチ付きレーザーといいます。一般に照射時間(パルス幅)が短くなるとレーザーの照射による発熱が少なくなるため、熱傷のリスクが少なくなります。

 

 or

当院には2台のQスイッチ付きレーザーがあります、1台はナノ秒レーザーのMedlite C6でもう1台はピコ秒レーザーのPicoWayです。

Qスイッチレーザー 高出力モード
532nm、1064nmの2種類の波長のレーザーを照射できます、照射時間(パルス幅)は(6 n秒 = 0.000006秒)になり、ナノ秒Qスイッチ付きレーザーでもっともパルス幅が短いレーザーです、基本的には10日間カサブタが出来ます。
ピコレーザー 高出力モード
532nm、785nm、1064nmの3波長のレーザーを出力できます、照射時間がナノ秒レーザーより更に短くなり、レーザー照射による熱作用がほとんどありません、刺青の治療には他のレーザー機材より遥かに優れています、真皮の色素病変の太田母斑や後天性真皮メラノサイトーシスなど深いシミの治療へ応用され始めています。

ページTOPへ戻る 

3種類の波長(1064nm、785nm,532nm)を選択可能でシミの深さに応じて治療が可能です。

Qスイッチレーザーの治療対象は以下に3つになります。

局所型の表皮のシミに関してはピコ秒レーザーの優位性はハッキリと致しませんが、刺青の治療はピコ秒レーザーの優位性は明らかです、後天性真皮メラノサイトーシスや太田母斑は785nmのピコ秒レーザーで治療を行います。
パルス幅について

パルス幅とは照射時間に相当します、下の図は略図になります、パルス幅が短いとレーザーのピークパワーが高くなります、イメージとしては明るい光を瞬間に照射する感じになります。パルス幅短くなりピークパワーが高くなるとより深くとどき、対象物を熱ではなく衝撃波で破壊するようになります。

パルス幅
ロングパルスレーザーが豆電球でQスイッチレーザーのナノ秒レーザーは写真のフラッシュランプに相当します、ピコ秒レーザーはもっと明るいフラッシュランプと言ったところでしょうか? 下の略図はかなり簡略化しています、実際の照射時間はロングパルスとナノ秒レーザーでは10万倍異なります。

ページTOPへ戻る 

症例写真

最も一般的な治療対象は表皮のシミです、刺青や真皮のシミ(ADMはロングパルスレーザーでは火傷になりますのでQスイッチ付きレーザーでしか治療出来ません。

 

 

日光性色素沈着1

Qスイッチレーザー

ページTOPへ戻る 

治療機材・その他 シミの種類 治療方法
  1. レーザー治療の入口
  2. レーザー治療料金表
  3. PicoWay(刺青)
  4. PicoWay(フラクショナルモード)
  5. Medlite C6
  6. Gentle Max(長波長レーザー複合機)
  7. Vbeam(色素レーザー)
  8. Co2RE(フラクショナルレーザー)
  9. VTRAC(NB紫外線治療器)
  1. 局所型のシミ
  2. 散在型のシミ
  3. 脂漏性角化症
  4. 肝斑
  5. 後天性真皮メラノサイトーシス(ADM)
  6. 刺青(Tattoo)除去
  7. 赤ら顔・赤アザ
  8. 炎症性色素沈着(PIH)
  1. トータルケア(おまかせ10回コース)
  2. レーザートーニング
  3. Qスイッチレーザー
  4. レーザーフェイシャル
  5. ピコフラクショナル(Resolve)
  6. レーザータイトニング(ジェネシス)

 

ページTOPへ戻る 

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on GREE

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ